東出昌大、若手俳優の欠点を指摘「フレッシュさで何とかしようとする」

最新ニュース レポート

東出昌大/スペシャルドラマ「LEADERSII」制作発表
東出昌大/スペシャルドラマ「LEADERSII」制作発表 全 7 枚 拡大写真
スペシャルドラマ「LEADERSII」制作発表が15日(水)にTBS局内で行われ、佐藤浩市、内野聖陽、東出昌大、菅野美穂、郷ひろみが出席した。

本作は、第2次世界大戦前後、国産自動車開発に人生を賭けた愛知佐一郎(佐藤さん)ら男たちの生き様を、史実に基づいて描いたオリジナルドラマ「LEADERS」(’14)の続編。ストーリーの主軸を開発の世界から販売の世界へと展開し、佐一郎と、彼を販売面で支え続けた人々の苦闘と情熱の物語を紡ぎ出す。

東出さん演じる日下部誠の上司・山崎亘を演じる内野さんは、東出さんについて「彼はまっすぐでひたむきで、いまの若者にあまりいないタイプ。本当に気持ちのいい男」と賛辞を送ると、「思う存分ふんぞり返って威張らせていただきました」と撮影時を述懐。一方の東出さんは「尊敬する諸先輩方とご一緒できた」と充実した表情を見せるが、突然「若手俳優の一番いけないところがフレッシュさで何とかしようとするところ」と自ら自分たち若手俳優の欠点を指摘。そして、「ただ、そうすると同じ画面に(先輩と)映ったときに(自分たちが)ペラッペラになってしまうので、生半可の付け焼刃のフレッシュさではなく、信念を持って挑ませていただいたつもりです」と役者としての熱い思いを吐露。そんな後輩の姿に、内野さんは「ちゃんと若さを分析しているんだね。すごいな」と舌を巻いた。

山崎さんのライバル・酒田健太郎役で初のヒール役に挑み、普段とは違うメガネとスーツ姿で登場した郷さんは、「見た感じ(僕と)わからないかなと思って…」と「郷ひろみです」と何度もいつもの独特の口調で自己紹介。そして、内野さんから「わかりますから(笑)」とツッコまれ、会場を沸かせると、役作りについて真面目に言及。より陰湿な人間を目指し、「1~2か月前に台本をいただいてから撮影が終わるまで読まなかった日はなかった」と話すほど台本を読みこみ、キャラクター設定にはない、どこで生まれ育ったかというバックボーンまで想像したそうで、「こんなに真剣に役をやったことはこの世界に入って初めて」としみじみと語った。

主演の佐藤さんは「撮影は2月の頭に終わったんですけど、作品はまだできていません。それくらい大変です」とぶっちゃけると、「熱いことは恥ずかしいことではありません。それを体感してほしい」と渾身を込めて作り上げた本作をアピールした。

スペシャルドラマ「LEADERSII」は3月26日(日)21時~TBSにて放送。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/