“ミス・ワールド日本代表”田中道子、嵐・相葉主演「貴族探偵」で月9初出演!

最新ニュース スクープ

「貴族探偵」
「貴族探偵」 全 4 枚 拡大写真
大ヒットドラマ「ようこそ、わが家へ」の制作チームが再集結して贈る、4月スタートのフジテレビ月9ドラマ「貴族探偵」。この度、主演の「嵐」相葉雅紀をはじめ豪華キャストたちが集結する本作に、「ミス・ワールド2013」日本代表に選出された田中道子がレギュラー出演することが決定した。

本ドラマは、麻耶雄嵩による本格推理小説「貴族探偵」と続編の「貴族探偵対女探偵」が原作で、推理小説の常識を覆し続け、いま最も注目を集めている麻耶氏の作品を初映像化。物語は、主人公が探偵を趣味としている貴族で、年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明、さらには、まさか一切の推理を「雑事」と言い放ち、召使いに任せながら優雅に謎を解くという、探偵という存在の既成概念を打ち砕く前代未聞のミステリー。

キャストには主演の相葉さんのほか、新米探偵・高徳愛香役の武井咲、刑事・鼻形雷雨役の生瀬勝久、師匠・喜多見切子役の井川遥、運転手・佐藤役の滝藤賢一、メイド・田中役の中山美穂、さらに松重豊、仲間由紀恵らが出演する。

そして今回、新たに発表された田中さんが演じるのは、ドラマオリジナルのキャラクターで、鑑識の冬樹和泉役。ぶっきらぼうな性格の冬樹は、有名お嬢様短大を卒業後、ほかでは体験できないことがしたいという思いから鑑識になることを志望。鑑識としての腕は抜群に優秀で失敗知らず、とにもかくにも鑑識という仕事が大好き。むごたらしい現場に立ち会っても、全く臆することなく遺体に向き合う、むしろそういった現場ほど燃え、不思議な遺体をみるとワクワクしてしまう…という超個性的キャラ。

これまでとは一味違った月9、そして豪華キャストが出演するとあって、いまから仕上がりが楽しみだと話す田中さんは、今回の役柄について「とにかく変わった女性」と説明しており、また「普段の私とは似ても似つかない性格をしているのでうまく演じられるか少し不安もあります」とコメント。しかし、「共演する皆様の胸を借りて、伸び伸びと演じさせていただけたらうれしいです」と話している。

「ドクターX~外科医・大門未知子~」第4シリーズに続いてのテレビドラマ出演2作目にして、月9初出演となる田中さん。「ドクターX」では、主人公の宿敵の秘書を演じ、その“魔性の女っぷり”が大きな話題を呼んでいたが、本作ではぶっ飛んだキャラクターに挑戦。今回は“日本一美しい鑑識員”としてまた注目を集めそうだ。

「貴族探偵」は4月17日より毎週月曜日21時~フジテレビにて放送。※初回30分拡大

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加