藤原竜也主演作、劇中の「告白本」出版が決定! “編集者目線”のストーリー

映画 邦画ニュース

「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」(講談社)
「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」(講談社) 全 8 枚 拡大写真
藤原竜也と伊藤英明が初共演する、新感覚サスペンスエンターテインメント大作『22年目の告白―私が殺人犯です―』。この度、本作のポスタービジュアルが解禁され、映画で出版する告白本「私が殺人犯です」と全く同じ装丁の小説「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」が、4月14日(金)より発売されることも決定した。

1995年、残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎え、完璧 に逃げ切ったはずの犯人は22年後、思わぬ形で姿を現わした。“殺人手記”出版記者会見――。そこにいたのは、自らの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な微笑みを浮かべる美しき殺人者。「はじめまして、私が殺人犯です」。あらゆるメディアを通じて発信されていく殺人の告白と、犯人の容姿。その男に日本中が惹きつけられ、逆撫でされ、そして欺かれていく。日本中を巻き込む告白の行方とは? 先の読めない結末に向かって、新たな事件(ゲーム)が動き出す…!

このほど到着したのは、“美しきクズ”の殺人犯を演じる藤原さんの不敵な笑みが印象的なポスタービジュアル。伊藤さん演じる刑事・牧村に、逮捕寸前のところまで追い詰められて姿をくらました殺人犯は、未解決事件のまま時効を迎える。そして事件から22年後、誰にも捕まらない殺人犯となったいま、自身が犯した殺人の告白本を出版しすべての国民を翻弄する…。公開されたポスターのキャッチコピー「すべての国民が、この男に狂わされる。」という通り、突如現れた殺人犯は日本中から注目を浴び、文字通り“日本中を狂わせる”時の人になっていく。1つの告白から始まる新たな事件、過去と現在の真実に迫るポスタービジュアルとなっている。

これまで、借金を背負うフリーターや連続殺人犯など様々な難役を演じてきた藤原さんだが、本作で彼が演じるのは、新たに5人もの人を殺した連続殺人犯・曾根崎雅人。今回、人の命を奪った曾根崎には独自の美学による殺しの「3つのルール」があったことが判明。それは、殺人にあたり「後ろから縄で締め上げること」「殺害する瞬間を被害者のもっとも親しい人間にみせること」「あえて目撃者を殺さずにメディアに自分の犯行を証言させること」と罪のない人々を次々と手に掛けるというクズすぎる衝撃のルールとなっている。

また今回、本作の冒頭で曾根崎が出版する告白本「私が殺人犯です」と同じ装丁の小説が発売されることが決定。これまで数々の映画の小説・ノベライズ化がされてきたが、劇中に出てくる本のビジュアルを使った本は非常に珍しい。小説は告白本の編集者目線で描かれるストーリーで、彼女がいかにして曾根崎の告白本を出版するに至ったのか、世論の過熱、そして小説ならではのエンディングが待つ、もう一つの“告白本”となっている。

さらに、本作が「ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭」に出品されることが決定。ベルギーのブリュッセルで行われる同映画祭は、「シッチェス映画祭」「ポルト国際映画祭」と並んで世界三大ファンタスティック映画祭の一つに数えられる由緒ある映画祭。昨年は『アイアムアヒーロー』がグランプリにあたるゴールデンレイバン賞を受賞。本作は4月13日に「Thriller Competition(スリラーコンペティション)部門」にて上映予定となっており、「Thriller Award(スリラー賞)」「観客賞」「Thriller Competition/スリラーアワード・オーディエンスアワード」の対象となる。

『22年目の告白―私が殺人犯です―』は6月10日(土)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加