GENERATIONS、土屋太鳳主演『兄こま』で主題歌担当! 予告編も公開

映画 邦画ニュース

「GENERATIONS from EXILE TRIBE」 『兄に愛されすぎて困ってます』(C)2017「兄こま」製作委員会           (C)夜神里奈/小学館
「GENERATIONS from EXILE TRIBE」 『兄に愛されすぎて困ってます』(C)2017「兄こま」製作委員会           (C)夜神里奈/小学館 全 4 枚 拡大写真
ドラマやVRなど様々な展開が続々と発表されている、土屋太鳳主演映画『兄に愛されすぎて困ってます』。この度、本作の主題歌を「GENERATIONS from EXILE TRIBE」が担当することが決定。併せて主題歌入り本予告も到着した。

告白12連敗中で全くモテない女子高生・橘せとか(土屋太鳳)は、恋に恋するちょっと恋愛体質な女の子。そんなせとかをずっと見守ってきたのは、ヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメン兄・橘はるか(片寄涼太)。2人は血がつながっていない兄妹だけど、その事実を知っているのは兄のはるかだけ。そんな中、せとかの同級生で癒し系ヘタレ男子な国光(杉野遥亮)の兄であり初恋の相手、超毒舌なセレブ研修医・芹川高嶺(千葉雄大)が数年ぶりに現れて、せとかに急接近! さらにいつも甘い言葉でせとかをお姫様扱いしてくれる先輩・美丘千秋(草川拓弥)まで現れ、突如訪れた人生初のモテキにせとかは戸惑いを隠せず…!?

今回主題歌に決定したのは、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の「空」。この楽曲は、数多くのスターを排出してきたVBA(ボーカル バトル オーディション)の1次審査の自由曲で多く選ばれ、歌われてきた「DEEP」の「SOR A~この声が届くまで~」を、「GENERATIONS」が次の世代の人たちに向け、「空」とタイトルを一新し歌唱。甘く切ないバラードが、自分の本当に好きな人を見つけようと奮闘する主人公・せとかを後押しする、本作にぴったりなナンバーとなっている。

そしてこのほど公開された予告編では、前半はポップでハイテンションな映像と共に、土屋さん演じる告白12連敗中の非モテ女子・橘せとかが、セレブ系ののしり王子・芹川高嶺、ホスト系スウィートBOY・美丘千秋、ヘタレ系塩顔男子の芹川国光ら個性豊かな兄系イケメンズたちにアプローチされドキドキ戸惑う様子が。一方、主題歌「空」が流れる後半では、片寄さん演じるイケメンお兄・はるかのせとかを想う気持ちが滲み出る切なさ満載の映像に仕上がっている。

また映像では、「このままばっくれよっか」や「安い女になるな! …おれの妹なんだから」「誰にも渡したくない」など、はるかの妹想いな胸キュン台詞が連発。そして、お風呂上りのセクシーな格好でのバックハグやせとかの浴衣姿を見て、口では「どんだけ待たせんだよ」と言いつつも、「浴衣かわいいじゃん…なんて言えねー」と心の声も。しかし、高嶺から「お前、妹に恋してんだろ」とも言われてしまうはるか。この気持ちは兄妹愛なのか、それとも…? 物語の行方がますます気になる予告編となっている。


『兄に愛されすぎて困ってます』は6月30日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集