関ジャニ∞、『スパイダーマン』最新作のジャパンアンバサダーに!主題歌も担当

最新ニュース レポート

関ジャニ∞『スパイダーマン:ホームカミング』ジャパンアンバサダー就任式
関ジャニ∞『スパイダーマン:ホームカミング』ジャパンアンバサダー就任式 全 5 枚 拡大写真
人気グループ「関ジャニ∞」が米映画『スパイダーマン:ホームカミング』のジャパンアンバサダーを務めることになり、3月17日(金)、都内で行われた就任式に、映画をイメージしデザインされた特製ジャケットに身を包んだメンバー7人が勢ぞろいした。

横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義の7人が着用したのは、スパイダーマンのイメージカラーである赤と青のストライプに、胸元にはクモをモチーフにしたエンブレムが施されたジャケット。ただ、錦戸さんは「あっちのスーツが着られるのかと思った。ぜひ機会があれば、あっちも」と劇中のスパイディスーツにも興味津々。「これしかないと言うほどサイズがピッタリ」(渋谷さん)、「とても可愛らしい。ハロウィンで、スパイダーマンの仮装をしたことがある」(安田さん)と話していた。

今回のジャパンアンバサダー就任について、村上さんは「率直に非常にうれしいと同時にビックリしています。世界中にファンの方がいらっしゃる作品を、日本代表として応援したい」と意気込み。日本語版主題歌を「関ジャニ∞」が担当することも発表され、「僕らにとってすごく大きな出来事。映画に負けない疾走感とスケール感ある楽曲で、映画を後押しできれば」と背筋を伸ばした。

また、スパイダーマンの魅力について、大倉さんは「身近にいる大切な人を守るため、戦っているイメージで親近感がわく」と分析。丸山さんは「何と言ってもスピード感」と語り、手首を曲げて“糸”を出す仕草を披露した。

主人公のピーターが15歳であることにちなみ、自身の思い出を聞かれると、横山さんが「15歳と言えば、ちょうど初めて東京に来た時期で、よくジャニーさんにファミレスに連れて行ってもらった」のだとか。モノマネを交え「何でも食えるから一番好き、とジャニーさんはよく言っていた」とふり返った。

スパイダーマンに変身し“部活ノリ”でNYの街を救う、ヒーロー気取りの高校生ピーター・パーカーが、アイアンマンことトニー・スタークに導かれ、真のヒーローとして覚醒する姿を描く新シリーズ。突如現れた怪物の退治に乗り出すも、スタークに「アベンジャーズに任せておけ」と止められてしまうピーターは、「ガキ扱いは、ゴメンだ!」とばかりに無謀な戦いを仕掛けるが…。イギリス出身の俊英スター、トム・ホランドが15歳のピーターを演じている。

『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日(金・祝)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加