堤下敦、“さえない理系男子”役で出演!共演・町田啓太の寝癖が「いとおしい」

最新ニュース スクープ

「人は見た目が100パーセント」
「人は見た目が100パーセント」 全 13 枚 拡大写真
桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみが“女子力ゼロの理系女子”を演じる、4月スタートの新ドラマ「人は見た目が100パーセント」。この度、本作の新たなキャストとして「インパルス」の堤下敦がレギュラー出演することが決定。また堤下さんがフジテレビの連続ドラマにレギュラー出演するのは、今回が初めてとなる。

本作は、現代女性のリアルな心情を描いてきた大久保ヒロミの同名コミックが原作。製紙会社に勤務する真面目で見た目はさえない理系女子の研究員、主人公・城之内純は、研究に没頭するあまり「女子力」や「美」に背を向けた人生を歩んできた。仕事の都合から、自分は「女子」ではなく「女子モドキ」なのかもしれないということに気がつき、研究室の同僚女子2人と一緒に3人で流行のメイク・ファッション・美容など「美の特別研究」を始めていくというストーリー。

真面目で見た目はさえない理系女子の研究員・城之内純役を桐谷さんが演じるほか、同僚女子・前田満子と佐藤聖良役に水川さんとブルゾンちえみさん、純が運命的に出会い恋に落ちていくイケメン美容師・榊圭一役を成田凌、さえない理系男子・丸尾拓馬役を「劇団EXILE」町田啓太、そのほか足立梨花&岡崎紗絵らが参加する。

そしてこのほど発表された堤下さんが演じるのは、純・満子・聖良と同じ会社に勤める“女子モドキ”同様、さえない理系男子研究員・三沢基樹。先日発表された、町田さん演じる丸尾拓馬と共に女子モドキたちが仕事後、密かに行っている“美の特別研究”を不思議がっており、「美」や「女子力」と大真面目に向き合い、苦戦する彼女たちに対して容赦ないキレのあるツッコミを入れていく存在だ。

すでに撮影がスタートしている本作。堤下さんは、「桐谷さん、水川さん、ブルゾンさんの“見た目”をいじる役柄なので、僕なんかがツッコんでいいのかな…と違和感を覚えながら演じています」と話し、「いつもは相方と2人だけですが、今回は周りに女性が多いので、結構緊張しています」とコメント。大学で工学部に2年ほど通っていたという堤下さんは、「今回やっとその大学の2年間が役に立つときが来たな! と思いました。今回のようなおとなしい役どころなので、新しい挑戦として頑張っていきたいです」と意気込んでいる。

また同じ理系男子を演じる町田さんについては、「寝癖がいとおしくてしょうがないです(笑)。まだ撮影が始まったばかりですが、撮影の合間に少し冗談を言ったり、町田君をいじったら、とてもさわやかに答えてくださって…とてもいい人だなと思いました」と印象を語り、「そこにブルゾンさんも話に加わり、さらに桐谷さんも水川さんもその輪に入ってきて、いつの間にかみんなでわいわい話始め、ボケやコントみたいな空気感になってきたりして…さっそく楽しい現場になってきています」と雰囲気の良さが伝わってくるようだ。今回テレビで初めてメガネを掛けて、あまり演じたことがないおとなしい役に挑戦する堤下さん。女子モドキたちにどんなツッコミを入れていくのか楽しみだ。

「人は見た目が100パーセント」は4月13日より毎週木曜日22時~フジテレビにて放送(初回15分拡大)。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加