【特別映像】変態全開!お嬢さまも火照る“官能朗読会”が解禁『お嬢さん』

韓流・華流 スクープ

『お嬢さん』  (C)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED
『お嬢さん』  (C)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED 全 8 枚 拡大写真
韓国が誇る異才にして天才パク・チャヌクの最新作として日本公開され、話題騒然となっている『お嬢さん』。中でも、鑑賞者から賛否両論を呼んでいる禁断の“朗読会”シーンが解禁となった。

1939年、日本統治下の朝鮮半島。孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、“伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した土地に建つお屋敷で、日本文化を崇拝する叔父(チョ・ジヌン)と暮らしていた――。

英国作家サラ・ウォーターズのミステリー小説を、パク・チャヌク監督が舞台を日本統治時代の朝鮮半島に置きかえて大胆に脚色、複数の登場人物の視点で描かれる騙し合いと過激なエロスが、息を飲むような美しい映像で綴られていく本作。韓国では成人映画(R19指定)のオープニング記録を更新、アメリカ、フランスなど世界各国で大ヒットを記録している。

このたび解禁となった本編シーンは、和洋折衷の絢爛豪華な屋敷に住み、莫大な財産権を持ちながら叔父の言いなりとなっている“お嬢さま”秀子が、朗読会で官能小説を朗読するシーン。叔父は日本のエロスが詰まった“春画”や官能本のコレクターであり、富裕層のオジサマを招いては屋敷の中で官能朗読会を行っていたのだ。韓国人に育てられた秀子が朗読する小説は「言ってはいけない」「聞いてはいけない」放送禁止用語のオンパレード。そして、彼女の日本語は絶妙にたどたどしく、また、その稚拙さがよりいっそう官能的に屋敷内に響くのだった。

日本語と韓国語が飛び交う本作では、キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウらがハードな日本語指導を受け、多くのシーンで日本語を話している。パク監督は来日の際、「日本語については皆さん、大きな心で迎えてください(笑)」と弁明(?)しているものの、本作を見た観客からは「微妙な日本語だからこそ、よけいに官能的に感じる」や、「ところどころ日本語に日本語の字幕がほしい」、「日本語は変だが、そんなことが気にならないほど面白い」といった、さまざまな意見が飛び交っている。

美しく純真なお嬢さまが頬を火照らせながら語る、卑わいなワードの数々。そして、それに聞き入る変態オヤジたち。人前で“音出し再生厳禁”の禁断のシーンを、ここから確かめてみて。



『お嬢さん』はTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/