高畑充希、「デイ・ドリーム・ビリーバー」を歌う恐怖と覚悟明かす

最新ニュース レポート

高畑充希/『ひるね姫~知らないワタシの物語~』初日舞台挨拶
高畑充希/『ひるね姫~知らないワタシの物語~』初日舞台挨拶 全 9 枚 拡大写真
『東のエデン』『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治監督の最新オリジナルアニメーション『ひるね姫~知らないワタシの物語~』が3月18日(土)に公開を迎え、神山監督と声優を務めた高畑充希、満島真之介、江口洋介、前野朋哉、高橋英樹が舞台挨拶に登壇した。

東京五輪の開幕直前の2020年を舞台にした本作。瀬戸内海にのぞむ岡山県倉敷市で父と暮らすごく普通の女子高生ココネが夢と現実の世界を行き来しながら、突然、逮捕されてしまった父の救出を目指すと共に、自身の家族の秘密を解き明かしていく。


高畑さんは、自身が演じたココネを「昼寝好き」と説明し「私も学生時代、ずっと寝ていたので通ずるものがありました(笑)」と明かす。「彼女は全然、最初から最後まで変わりません。それが周りを変えていく。チャーミングな役をやらせてもらえて幸せです」と笑顔を見せた。

満島さんは「沖縄出身なのでシーサーも連れてきました!」と胸にシーサーのデザインの入ったジャケットで気合十分。「神山さんとの出会いは人生における素晴らしい出会いになりました。劇場版の声優を務めるのは初めてですが『ついにこの日が来たか』と胸がいっぱいです」と感激を口にした。

前野さんは、ココネの地元・岡山県倉敷市の出身とあって、本作の公開に感慨もひとしおのよう。監督、満島さんと共に岡山での試写会にも出席したが「(映画で描かれる町は)僕にとっては子どもの頃からよく見ている風景。地元のみんなも喜んでいて、熱が伝わってきました」と満面の笑み。この日のボンタンズボンも「意味があります」とニヤリ。

江口さんはアニメの声優は初めてだったが、4年をかけて製作された本作への参加に「細かく積み上げていく制作過程を見せていただき、最後の最後に僕らが声を入れる。最後の色付けのようで、きっちりやらなきゃと思いました」と振り返った。

高橋さんは3度目の声優となった本作で、自動車会社の会長にして、夢の世界では王様の役を演じたが「いままでは怪物、馬だったので、度目でようやく会長、王様といういい役をもらいました」と語り、会場は笑いに包まれた。

神山監督は本作が夢をテーマにしていることに触れ「夢って僕にとってはリアルなもの。アーサー・C・クラークが『よくできた科学技術は魔法と見分けがつかない』と言ってますが、その言葉を思い浮かべながら、夢はよくできた現実だと思って作りました」と語った。

高畑さんは、ココネとして主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」を、忌野清志郎(※名義はタイマーズの忌野清志郎によく似ているZERRY)の日本語歌詞で歌っているが、これは神山監督が「作品のテーマを託したい」と熱望して実現したもの。改めてこの主題歌を監督は「映画を締めくくるダイアローグ」と語り、高畑さんの歌について「うまいのは知っていたけど、こんなに素晴らしく歌っていただいて…」と感激を口にする。高畑さんは当初、これだけの名曲を歌うことに「そんなチャレンジ…怖い!」と思ったそうだが、監督の想いを受け「これは歌わねばなるまい」と覚悟を決めたという。「母に込めたラブレターであり、作品とあわせると確かにダイアローグになる」と語り、監督の称賛の言葉に高畑さんも安堵の表情を浮かべていた。

『ひるね姫~知らないワタシの物語~』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/