三浦涼介×武田航平で新たな伝説へ!『星くず兄弟の新たな伝説』正月公開決定

映画 邦画ニュース

『星くず兄弟の新たな伝説』(C)2016「星くず兄弟プロジェクト」
『星くず兄弟の新たな伝説』(C)2016「星くず兄弟プロジェクト」 全 1 枚 拡大写真
昨年、第29回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門でワールドプレミア上映され話題をさらった映画『星くず兄弟の新たな伝説』が、2018年正月に劇場公開されることが決定した。

近未来のサイバーな東京の下町。しがないバーのオヤジになってしまったシンゴは、かつての星くず兄弟の栄光を夢見ていた。地球でダメでも月ならもう一度スターになれるチャンスがあると、売れっ子DJとなってしまったカンを誘って、月世界へ旅立つ。月で彼らを迎えたのは、どうしようもなくダメな芸能プロの「アストロ・プロモーション」。社長のアストロ南北はかつて地球で売れっ子スターだったと自称するが、この事務所にはウサコ、チェリー喜美雄というパッとしない2人のタレントだけ。しかも新・星くず兄弟の初ステージは場末のショーパブ。すっかり意気消沈した2人に、酔払い老人が声を掛ける。「スターになりたかったら、ロックの魂を探せ」。

こうしてスターダスト・ブラザーズの2人は、謎のロックの魂を求めて月世界を冒険。一方、月の芸能界を支配する組織「フラッシュバブル」の女ボス・ベタール卑美子と片腕チェザーレ伊東は、星くず兄弟の活躍を封じるべく、始末屋を送り込む。果たして、2人はロックの魂を手に入れることはできるか? またスターになることはできるのか――?

本作は、1980年にデヴィッド・ボウイのアルバム「ジギー・スターダスト」にインスパイアされて近田春夫が発表したアルバムを、1985年に手塚眞が映画化し熱狂的人気を博した『星くず兄弟の伝説』を再び同コンビがタッグを組み復活させたロック・ミュージカル映画。

リメイクでも続編でもない、まったく新しいコンセプトによる新作『星くず兄弟の新たな伝説』は、近未来を舞台にスターダスト・ブラザーズというロッカー2人が月へ行ったり女性になったり西部劇をしたりと、想定外の冒険と活躍をする奇想天外なストーリー。もちろんミュージカルである本作は、ロックやポップスの新曲がたくさん。気分よく音楽にノリながら予測不可能なストーリーにふりまわされる、まったく新しいタイプの日本映画となっている。

新たな伝説でカンとシンゴを演じるのは、「仮面ライダーオーズ/OOO」や『るろうに剣心 京都大火編』の三浦涼介と、「仮面ライダーキバ」や『クローズZERO』の武田航平。ヒロインには天才子役から実力派女優へと転身を遂げた荒川ちか。さらに、オリジナルキャストの高木完、久保田慎吾、ISSAY(「Der Zibet」)も再登場し、また昭和の元祖ロックスター「ザ・スパイダーズ」メンバー井上順をはじめ、夏木マリ、浅野忠信、野宮真貴(元「ピチカート・ファイヴ」)、ラサール石井、内田裕也といったロック魂全開の個性派な豪華メンバーも顔を揃える。

『星くず兄弟の新たな伝説』は2018年正月、テアトル新宿ほか全国にて順次公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集