SFだからって敬遠しないで!?『パッセンジャー』『ブレードランナー』ほか女子も見逃せない映画続々

最新ニュース コラム

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
『ゴースト・イン・ザ・シェル』 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved. 全 17 枚 拡大写真
2017年洋画の主役は、やっぱり大人気のミュージカル? 大ヒット中のアニメ? いえいえ、今年は“宇宙版『タイタニック』”と呼ばれる作品や、人気俳優と注目監督が組んだアカデミー賞受賞作、カルト的人気を誇る名作の実写化、そして大ヒットシリーズの最新作まで、実は見逃せないSF映画が目白押し。

女子も見逃せないチェックポイントとともに、オススメ作品を紹介する。


『パッセンジャー』3月25日公開:『タイタニック』的極限ラブストーリー!

オーロラ(ジェニファー・ローレンス)&ジム(クリス・プラット)/『パッセンジャー』
主演を務めるのは、ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットという日本でも高い人気を誇る2人。20××年、新たな移住地を目指し、地球を後にした超豪華宇宙船。冬眠装置で120年間眠りながら到着を待つ乗客のうち、エコノミークラスの乗客でエンジニアのジムと、ファーストクラスの乗客で2世作家のオーロラという2人だけが、なぜか90年も早く目覚めてしまう。宇宙船は自動モードで、乗組員たちも眠りについている。

果てしない宇宙にたった2人きりの男女が、恋に落ちることは必然! 宇宙服を脱ぐことすらもどかしいキスシーンをはじめ、“お互いしかいない”という状況下での恋愛は激しく燃え上がるも、やはりひと筋縄ではいかない。極限状況だからこそ葛藤を抱える、2人の愛の行方には要注目。また、クリス・プラットが、素顔の“気のいい兄ちゃん”とはまるで違う(?)シャイで素朴な二枚目役に徹しているのは、見逃せない。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』4月7日公開:名作実写化に豪華キャストが手応え!

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
“SFの金字塔”といわれ、押井守監督による劇場アニメをはじめ多くの派生作品を生み出してきた士郎正宗の「攻殻機動隊」が、満を持してハリウッド実写化。しかも、主人公・草薙素子に当たる少佐役をスカーレット・ヨハンソン、上司の荒巻大輔をビートたけしが演じるなど、キャストも豪華。吹き替え版の声優陣にも、田中敦子や大塚明夫、山寺宏一らが再集結しており、ファンの期待値は上がる一方。先日のスカヨハら来日キャスト陣によるワールドプレミアも、盛り上がりを見せていた本作。原作・アニメファンの人も、「実はよく知らない」という人も、ネオン輝く近未来のアジアを思わせながら、どこか違う空気感を放つ異世界の中で、美しき肢体のスカヨハから繰り出される圧倒的アクションは、見逃せない。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』5月12日公開:マーベルの“宇宙”担当!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(C)Marvel Studios 2016
地球で“仲違い”してしまったアイアンマンやキャプテン・アメリカたち「アベンジャーズ」を尻目に、銀河を救う超個性的なヤツらが再集結。とはいえ、永遠の思春期リーダー、スターロードことピーター・クイル、セクシーなツンデレ暗殺者のガモーラ、荒くれ者だがド天然のドラックス、凶暴な毒舌アライグマのロケット、そして身長25cm最終兵“木”ベビー・グルートたちは、「正義なんてくそ食らえ!」とノリ重視であるため、トラブル(と笑い)がいつも絶えない。今回は、アライグマのロケットとベビー・グルートの凸凹コンビが萌えキャラとして注目を集める一方、チーム内で恋愛も!? ガモーラ(ゾーイ・ソルダナ)に秘かに思いを寄せるピーター(クリス・プラット)が、その恋を叶えることができるのかも見逃せない。

『メッセージ』5月19日公開:アカデミー賞8部門ノミネート、音響編集賞受賞!

『メッセージ』
巨大な“ばかうけ”似(?)の宇宙船が、地球に降り立つビジュアルでもおなじみの本作。宇宙からやってきた謎の知的生命体との意志の疎通を任されるのは、娘を亡くした言語学者のルイーズ。彼女は、“彼ら”が触手から水墨のような液体を吐き出して円形を描き、コミュニケーションを図っていることを突き止める。演じるのは、賞レース常連の実力派エイミー・アダムスだ。

『プリズナーズ』『ボーダーライン』などを手がけ、リドリー・スコットが再び放つ『ブレードランナー 2049』、さらにデヴィッド・リンチ監督による1984年の名作『砂の惑星』のリブート版も任されたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンをとり、映像化不可能といわれた傑作短編を見事に映像化。こうしたSF作品が感動ドラマとして認められ、賞レースで高い評価を得るのは珍しいこと。謎の知的生命体が人類に向けて送るメッセージとは何なのかは、見逃せない。

■『エイリアン:コヴェナント』9月公開:巨匠リドリー・スコットが原点回帰

『エイリアン:コヴナント(Alien: Covenant)』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
“SFの金字塔”と冠される作品の1つ『エイリアン』(’79)で、その名を世界に知らしめたリドリー・スコットが、自ら監督を務める本作も公開が待ち遠しい。シガニー・ウィーバーが演じた闘うヒロインの代名詞、リプリーを彷彿とさせる主人公ダニエルズを、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のティナ役で世界的に知名度をあげたキャサリン・ウォーターストンが演じる。また、前作となる『プロメテウス』に引き続き、“アンドロイド”役としてマイケル・ファスベンダーが続投していることも見逃せない。

『ブレードランナー 2049』10月27日公開:ハリソン・フォード×ライアン・ゴズリング

『ブレードランナー 2049』
リドリー・スコットが製作総指揮、『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーブが監督という最強タッグで、いまも絶大な支持を集める名作の続編を描く。舞台となるのは、オリジナルで描かれた2019年から30年後の2049年。人間とは見分けのつかない人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官、“ブレードランナー”のリック・デッカードをハリソン・フォードが再演! そして、30年間行方不明となっていたデッカードを探す新人捜査官“K”として、現在『ラ・ラ・ランド』が大ヒット中、いま最もノッている俳優の1人ライアン・ゴズリングが登場。この2人が新旧“ブレードランナー”として師匠と弟子のような関係を見せてくれるのか、見逃せない。

■『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』秋公開:猿vs人類の大戦争が始まる!?

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation
パフォーマンス・キャプチャーなど最新のVFX技術を駆使して、リブートを見事に実現させた『猿の惑星』の最終章も、今秋に公開が控えている。“本物”の猿は1頭も登場していないという驚異の映像とエモーショナルな展開が人々を魅了した『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』、コミュニティを築き始めた猿と、それらを失われた人類たちとの対立が激化する『猿の惑星:新世紀(ライジング)』をへて、今回はついに猿vs人間の大戦が勃発か!?  引き続き主人公シーザーを演じるのは、パフォーマンス・キャプチャーの第一人者アンディ・サーキス。オリジナル作品で描かれた、“砂に埋もれる自由の女神像”の世界がやはり訪れてしまうのか、見逃せない。

さらに、2015年に公開され特大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の続編で、レイやカイロ・レン、ルーク・スカイウォーカーやレイア姫たちが再び登場する『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』も、12月15日に待ち受けている。

宇宙や近未来を舞台に、現在の常識を超えた極限的な事態や、謎に満ちた生命体、アンドロイドとの対峙を通じて描かれるのは、いずれも、とても身近な人生の試練だったり、友愛や相互理解の大切さだったりする。想像あふれる世界にいったん身を委ねることで、改めて“いま”を見つめ直すことができるのが、SFの醍醐味なのだ。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加