手に汗握る密室映画が続々登場!『モーガン』『スプリット』『トンネル』

映画 洋画ニュース

『モーガン プロトタイプ L-9』 (C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
『モーガン プロトタイプ L-9』 (C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. 全 16 枚 拡大写真
『パニック・ルーム』や『ミザリー』などに始まり、昨年、監禁されていた部屋から脱出する親子の再生を描き、アカデミー賞を席巻した『ルーム』など、いわゆる“密室映画”はいずれも名作揃い。

そして今年の春は、見逃せない密室映画が続々と日本に上陸する。


■『モーガン プロトタイプ L-9』リドリー・スコット親子が製作&監督

『モーガン プロトタイプ L-9』 (C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
まずは、宇宙船という究極の“密室”を舞台にしてきた『エイリアン』シリーズの最新作『エイリアン:コヴェナント』も控える巨匠リドリー・スコットが製作し、その息子ルーク・スコットが監督を務めた『モーガン プロトタイプ L-9』。本作は、密室の中で育成されている、遺伝子操作によって生み出された“人工生命体”の脅威を描いたSFアクションスリラー。

遺伝子操作により生み出された究極生命体、その名は“モーガン”(アニヤ・テイラー=ジョイ)。人間の常識をはるかに覆す能力を持ち、成長スピードも人間より格段に速く、生まれたときからずっと密室で管理・保護されている。愛らしい表情や性格はまるで人間の女の子そのもので、研究員たちから愛されてきたが、ある日、モーガンが突然、研究者を襲って大怪我をさせる事故を起こしてしまう。危機管理コンサルタントのリー・ウェザーズ(ケイト・マーラ)とシャピロ博士(ポール・ジアマッティ)はモーガンを調査し始めるも、モーガンは徐々に混乱を起こしてしまい…。

近い将来、もしかしたら現実にも起こり得る(?)設定の、手に汗握るストーリー。閉じ込められている密室の中、モーガンがどのような変化を遂げていくのか見どころだ。

『モーガン プロトタイプ L-9』は3月22日(水)よりデジタル配信開始、4月5日(水)ブルーレイ&DVD発売。

■『スプリット』M・ナイト・シャマラン×ジェームズ・マカヴォイ

『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
2作目は、5月12日(金)公開のスリラー作品『スプリット』。『シックス・センス』や『ヴィジット』のM・ナイト・シャマランが監督を務めた本作は、すでにシャマラン史上最高傑作! ともうわさされ、全米でも大ヒット。

女子高校生3人組が突如見知らぬ男に拉致され、密室に閉じ込められるところから物語は始まる。拉致をしたその男には、なんと23もの人格があり、1人の体の中で目まぐるしく人格が入れ替わっていく様に、女子高校生たちは大混乱と狂気に翻弄される。彼女たちは無事に助かるのか? それぞれの人格を巧みに演じ分けるジェームズ・マカヴォイの怪演と、息を飲む展開が楽しみ。また、監禁される女子高校生たちの1人ケイシー役で、上記の“モーガン”役を演じたアニヤ・テイラー=ジョイが出演しているところにも注目だ!

■『トンネル 闇に鎖された男』ハ・ジョンウ×ペ・ドゥナ、いま注目の韓国映画

『トンネル 闇に鎖された男』 (C) 2016 SHOWBOX, ANOTHER SUNDAY, HISTORY E&M AND B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.
5月13日(土)公開の韓国映画『トンネル 闇に鎖された男』は、興行収入ランキング4週連続1位を記録し、観客動員700万人を突破、2016年の年間興行成績第4位にもランクインした大ヒット作。『お嬢さん』でも話題のハ・ジョンウ、そして2年ぶりに韓国映画にカムバックした『空気人形』のペ・ドゥナが競演し、『最後まで行く』で韓国映画界に衝撃を与えたキム・ソンフンがメガホンをとった。

崩落したトンネルの中に閉じ込められた男と、彼を救うべく奔走する人々の姿を描いた一風変わった密室劇。自動車のディーラーとして働くジョンスは、崩落したトンネルの中で車ごと生き埋めになってしまう。気づけば、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元にあるものはバッテリー残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本、そして娘への誕生日ケーキだけ。彼は無事に救助されるのか…。

新たな密室映画の名作が誕生しそうな今年。それぞれの結末を、その目で確かめてみて。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集