Netflixドラマ「ラブ」は“ハリウッド版「電車男」”!? コメディ界の巨匠が明かす

海外ドラマ スクープ

Netflixオリジナルドラマ「ラブ」シーズン2
Netflixオリジナルドラマ「ラブ」シーズン2 全 6 枚 拡大写真
現在公開中のエイミー・シューマー主演『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』や『40歳の童貞男』、ドラマ「GILRS/ガールズ」など、数々の大ヒット“等身大”コメディを手掛けてきた巨匠ジャド・アパトー。彼が製作総指揮を務めるNetflixオリジナルドラマ「ラブ」のシーズン2が先日配信され、話題を呼んでいる。このたび、アパトー監督が、「ラブ」はオタクの恋を描いた『電車男』のハリウッド版であることを明かした。

テレビの脚本家になることを夢見ている31歳の“オタク”、ガス(ポール・ラスト)は、お人好しで、家庭教師をしている12歳の子役女優にさえも手のひらで転がされてしまう日々。うまくいっていると思っていた恋愛も、ある日突然、恋人に裏切られてしまう。そんなとき彼が出会った衛星ラジオ放送局のディレクター、ミッキー(ジリアン・ジェイコブス)は、わがままで自由奔放、思ったことはすぐに口に出してしまう32歳。彼女は、セックス&恋愛の依存症な上、気づけばボーイフレンドたちから恨まれ…。

一生懸命生きているのに、なぜか周囲には理解されない2人は、くっついては離れ、それぞれ仕事や恋愛でイタイ体験を繰り返していく。シーズン2では、そんな2人の恋に進展が――!?


このラブコメディ・ドラマは、いわゆるシュールな笑いのユーモアというよりも、日常の“あるある”が満載。「まるでドキュメンタリーを観ているかのよう」と世界のファンから共感の声が上がっており、日本人は特に共感できるとか!? アパトー監督は、日本ではお馴染みの“恋に落ちるオタク”の代表格『電車男』を知り、「『電車男』を直訳すると『なぜ、ポールとデートするの?』となるね(笑)」と、ガスを演じるポール・ラストのオタクぶりにかけてコメント。『電車男』との共通点は、主人公がオタクというだけではなく、“電車男”がインターネット上で見知らぬ人たちから恋を応援されているように、ガスの恋も“テーマ曲のない映画に、テーマ曲を作って歌う会”というなんともオタクらしい友達から応援されている。

「視聴者は登場人物がもがきながら幸せを掴もうとする姿を観たいのだと思う。誰しも共感することだけれど、幸せの道のりは決して楽ではないし、自分がどうすれば幸せになれるのかをみんな探している。だからこそ、人生を良くしようとしている人を観ると、応援したくなるのが人間の性質だと思う」と、両作に共通するオタクの恋を応援したくなる心理をアパトー監督は分析。ガスの友達だけでなく、観ている私たちもガスの恋に目が離せなくなるのは必然なのかも…。

ガスを演じるポール・ラスト(『イングロリアス・バスターズ』)と妻のレスリー・アーフィン(「GIRLS/ガールズ」)が、自分たち自身の恋愛体験や友人たちの体験をヒントにして生まれた本作。そこに、あるカップルの出会いから恋愛へ発展、そして、その後の関係性の変化を描きたいと思っていたアパトー監督が賛同し、リアルで切ない恋愛をコメディで描く本作ができ上がった。

ガスとミッキー、大人になりきれない2人の頑張る姿は、ときにあまりにイタすぎて目を背けたくなるけれど、結局は共感し、応援したくなる愛おしさにあふれている。彼らの生き方は、自分をふり返るきっかけをそっと与えてくれるのだ。

「ラブ」シーズン1、シーズン2はNetflixにて配信中。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/