【ディズニー】“美女と野獣”エリア誕生をミッキー&ミニーも祝福!ランド大規模開発エリア起工式

最新ニュース レポート

「東京ディズニーランド大規模開発エリア」の起工式
「東京ディズニーランド大規模開発エリア」の起工式 全 5 枚 拡大写真
東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドがかねてから計画を進めていた「東京ディズニーランド大規模開発エリア」の起工式が、5日(水)、同リゾート内の開発予定地で行われ、出席した同社代表取締役社長(兼)COOの上西京一郎氏が、大規模開発の工事のスタートを宣言。セレモニーにはミッキーマウスとミニーマウスも駆けつけた。

開発エリアは約30メートルのキャッスルも誕生する「美女と野獣エリア(仮称)」をはじめ、東京ディズニーランド初となる大型シアター型アトラクションの「ライブエンターテイメントシアター(名称未定)」、「『ベイマックス』をテーマにした新アトラクション(名称未定)」、「ミニーマウスの新キャラクターグリーティング施設」などを導入する。グランドオープンは2020年春を予定していて総投資額は2パーク開園以来、最大規模の750億円レベルという大規模投資となる予定。4月5日(水)をもって新たな夢に向かって始動する。

上西氏は、「パーク開園以来、初めての大型プロジェクト。その意味で、2020年には新たな夢をたくさんのゲストの方々にお届けできる」と抱負をコメント。また、新エリアのコンセプトにディズニー映画『美女と野獣』を選択した理由については、「幅広い層の方々が楽しめる場所、そのことを大切にしながら開発を行っているが、20数年前に大ヒットした映画『美女と野獣』は特に幅広い層が楽しめる作品で、家族愛もテーマにしている。いまでも評価が高いので、これをライド(アトラクション)としてゲストに提供することは、我々が使命とするハピネスの提供と判断できる。それで導入を決定した」と、丁寧に説明した。

起工式には上西氏のほか、同社代表取締役会長(兼)CEO加賀見俊夫氏、ウォルト・ディズニー・パーク&リゾーツ役員のビル・アーネスト、東京ディズニーリゾート・アンバサダーの福本望氏も出席。新たな夢に向かって走り出した、東京ディズニーリゾートに期待だ。

※上記のメニューやグッズは、デザイン・価格の変更や、品切れとなる場合がございます。

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/