【予告編】ド底辺から年商100億!“アメリカ版ビリギャル”「ガールボス」配信へ

海外ドラマ スクープ

Netflixオリジナルドラマ「ガールボス」
Netflixオリジナルドラマ「ガールボス」 全 4 枚 拡大写真
学歴なし、職なし、金なし、あげくに万引きの常習犯…というド底辺の“負け組女子”が年商100億円越えのファッションサイトを立ち上げるまでの実話を描いたサクセスストーリー「ガールボス」が、4月21日(金)よりNetflixにて全世界同時配信されることになった。

本作は、ネットオークションサイトeBay(イーベイ)で古着販売をしたことをきっかけに、23歳でファッションサイト「ナスティ・ギャル」のカリスマオーナーとなったソフィア・アモルーソによるベストセラー原作「#GIRLBOSS」をベースに、Netflixがドラマ化。

ソフィア本人と、大ヒットを記録した映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズの脚本家ケイ・キャノンがエグゼクティブ・プロデューサーを務めるほか、原作を読んで感銘を受けたアカデミー賞女優のシャーリーズ・セロンも、いまを生きる若い女の子たちのために、“真の女性の美しさと強さ” を描くドラマにしたいとエグゼクティブ・プロデューサーを買って出た。

映画『あと1センチの恋』『ワタシが私を見つけるまで』のクリスチャン・ディッターらがエピソード監督を務め、「トゥルーブラッド」のスタイリッシュなゴシック調衣装を手掛けたオードリー・フィッシャーがコスチューム・デザインを担当。ソフィア自身のリアルな体験だけでなく、仕事がなく、その日暮らしの困窮生活を送った経験を持ち、オスカー女優という夢を叶えたシャーリーズの視点も加わり、全世界の女性に勇気を与えてくれる物語が完成した。

今回解禁となった予告編でも描かれるように、ソフィアはふと立ち寄った古着屋でコンディションの良いヴィンテージ・ジャケットを手に入れ、eBayに出品。たった9ドルの古着にたちまち700ドルを超える高値がつくのを目の当たりにした彼女は、これは商売になると次の商品を探し始め、思いもよらない事態を招いていく。その破天荒な実話はもちろんのこと、映像やビジュアルでも、全米の若者を夢中にさせたオリジナリティあふれるファッションが目を引く。特にビジネス成功の鍵ともなった、ソフィア独自のアイデアによるヴィンテージ・コーディネイト術は見逃せない。

そして、経済情報ウェブサイト「CNNマネー」の“40歳以下の起業家40人”、「Forbes」誌の“30歳未満で最も影響力が大きいファッション・リーダー30人”に選出されたソフィアの奮闘を喜々として演じるのは、海外ドラマ「アンダー・ザ・ドーム」で注目を集め、『トゥモローランド』ではジョージ・クルーニーとも共演したブリット・ロバートソン。

負け組女子のまさかの大逆転ともいえる成功を赤裸々に描いた本作は、まるで“アメリカ版ビリギャル”ともいうべき、ガールズパワー全開。新年度に元気をもらえる1本となりそうだ。


Netflixオリジナルドラマ「ガールボス」は4月21日(金)より全世界同時配信開始。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加