香川照之、TBSドラマ「小さな巨人」に「半沢直樹」旋風の再来を期待?

最新ニュース レポート

「小さな巨人」第1話完成披露試写会
「小さな巨人」第1話完成披露試写会 全 6 枚 拡大写真
TBSの日曜劇場の新ドラマ「小さな巨人」の第1話の完成披露試写会が4月10日(月)に開催。主演の長谷川博己、岡田将生、芳根京子、安田顕、春風亭昇太、香川照之が揃って舞台挨拶に登壇した。

警視庁のノンキャリアの最高峰・捜査一課長を目指し、エリート街道を突き進むも、あるミスにより、花の捜査一課から所轄へと左遷された刑事・香坂が、組織内の理不尽に憤りつつも己の道を突き進み、正義を胸に戦うさまを描く。

長谷川さんは、観客と共に第1話を鑑賞し「このまま突き進んでいいんだと確信しました」と手応えを口にする。撮影はかなりハードなようで、この日も朝の3時まで撮影があったと明かされ「怒涛の日々です」と苦笑交じり。岡田さんが、疲労のせいか、突如、壇上で大声で笑い出し、香川さんが慌てて「岡田は寝てないんです(笑)!」とフォローするなど、その過酷さをうかがわせたが、その苦労が報われる、予想を超えた出来栄えだったようで、キャスト陣は一様に充実した表情を浮かべていた。

同局の日曜劇場と言えば、2013年の「半沢直樹」の大ヒットが印象深いが、今回の「小さな巨人」で香坂の人生を大きく変える捜査一課長の小野田を演じ、4年前の「半沢直樹」でも、主人公・半沢の前に立ちはだかる専務を演じた香川さんは、2作品に同じ匂いを感じているよう? 4年前に行われた同様の試写会をふり返り「おそらく、会場で見たみなさんの口コミから(ヒットが)始まったのではないかと思います。日曜9時らしいドラマになっています」と4年前の旋風の再来への期待を口にする。

男だらけの刑事ドラマだが、キャスト陣から高い評価を得ているのが、紅一点にして最年少10代の芳根さん。警察犬のブリーダーに憧れて入庁するも、人事に配属された祐里を演じており、まさにその“人事情報”が男たちの人生を大きく左右することになるが、長谷川さんが「芳根さんにはピュアな素晴らしさがあり、グッときました」と称賛すれば、安田さんも「お芝居よりも先にバラエティー番組で会ってて、この子はちょっとした“不思議ちゃん”かと思ってんですが、“怪物”香川さんが、彼女とのシーンでだけ、芳根さんに寄り添う演技をしてる。ほかの人は引っ張っていくのに。この人はすごいと思いました」と驚嘆。

その香川さんは、芳根さんの存在を「『ウルトラセブン』でいう、アンヌ隊員」とジェネレーションギャップたっぷりのたとえで評し、会場は笑いに包まれていた。

日曜劇場「小さな巨人」は4月16日(日)21時よりTBSにて放送開始。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/