世界最速の美術館! 現代アート列車「現美新幹線」で新しい移動体験を満喫♪

最新ニュース ルトロン

世界最速の美術館! 現代アート列車「現美新幹線」で新しい移動体験を満喫♪
世界最速の美術館! 現代アート列車「現美新幹線」で新しい移動体験を満喫♪ 全 1 枚 拡大写真

“世界最速の芸術鑑賞”といわれる「現美新幹線」。新潟駅と越後湯沢駅の区間を走るこの新幹線は、車両内部にアートが飾られているため、移動しながらの芸術観賞が叶います。新潟をモチーフにした現代アートは見逃せません!

2016年4月から新潟駅と越後湯沢駅区間の運行をスタートした「現美新幹線」は、新進気鋭アーティスト8名の作品が展示され、移動中に芸術鑑賞ができるこれまでになかったスタイルの新幹線です。

新潟を感じる! “世界最速”のアート空間

上越新幹線の臨時列車として、土日祝日に運行する「現美新幹線」。車体の外装は写真家・映画監督の蜷川実花氏が新潟・長岡の花火を撮影した作品をもとにデザインしています。

6両編成の車両ごとに、アーティストの作品を展示。指定席の11号車は、壁紙や絨毯を用いたインスタレーションを手掛ける松本尚氏が「五穀豊穣」「祝祭」「光」をコンセプトイメージしてデザイン。動物たちが隠れているグラフィックはインパクト大です!

ステンレスの鏡からプラレールアートまで! ここにしかないアートに浸る

12号車から16号車までの自由席は、窓側にソファが置かれ、ゆったり座りながらアートを観賞しながら過ごすことができます。

新潟の雪景色や緑を映すステンレスの鏡で壁一面が埋め尽くされた立体作品、造花の花びらをつなげて空中をゆらゆらと揺れるオブジェ、新潟の里山の風景や暮らしを切り取った写真作品、新潟の風景をポップな映像で表現したアニメーションなど、新潟の魅力が伝わる作品が飾られています。

カフェスペースでは、燕三条の人気店「ツバメコーヒー」が焙煎したコーヒーを提供。また、オリジナルスイーツは、菓子研究家・いがらしろみさん監修のもと、魚沼産コシヒカリの米粉を使ったバニラケーキなど、“新潟らしさ”を散りばめたスイーツを販売しています。移動しながらアートを鑑賞できる「現美新幹線」、非日常体験を満喫してみてくださいね♪

取材・文/末吉陽子

《編集部@ルトロン》

この記事の写真

/

特集

友だち追加