小野大輔&福山潤らが新参戦! 楠大典たちも再集結『ワイスピ』吹替キャスト

映画 洋画ニュース

『ワイルド・スピード ICE BREAK』日本語吹き替えキャスト
『ワイルド・スピード ICE BREAK』日本語吹き替えキャスト 全 3 枚 拡大写真
全世界累計興行収入が3,800億円を超える、全世界待望の人気アクション超大作『ワイルド・スピード』シリーズの最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』。この度、日本公開が近づき期待高まる本作の日本語吹き替え版キャストとして、小野大輔、田中敦子、高木渉、福山潤の新参加が決定。さらに、楠大典ら“ワイスピ”お馴染み吹き替えキャストも再集結することが分かった。

ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソンをはじめとするお馴染みのキャストに加え、アカデミー賞女優シャーリーズ・セロンやヘレン・ミレン、そして巨匠クリント・イーストウッド監督の息子スコット・イーストウッドらが出演する本作。今回は、凍てつく氷の大地・アイスランドから、シリーズ初上陸のニューヨーク、ハリウッドメジャー大作としては初となるキューバなど、またも空前のスケールで物語が展開。これまでのシリーズを打ち壊す(BREAK)ほどの新展開やサプライズが待ち受けているという。

吹き替え版には、ヴィン演じるドム役の楠さん、ドウェイン演じるホブス役の小山力也、ミシェル・ロドリゲス演じるレティ役の甲斐田裕子、タイリース・ギブソン演じるローマン役の松田健一郎、クリス・リュダクリス・ブリッジス演じるテズ役の渡辺穣。また、ラムジー役の坂本真綾、エレナ役の坂井恭子、デッカード役の山路和弘、ミスター・ノーバディ役の大塚芳忠と、“ワイスピ”ファミリーが再集結。

シリーズ4作目『ワイルド・スピード MAX』からドムの吹き替えを担当している楠さんは、「もちろんド派手なカーアクションも健在で、これまでの作品では、金庫を引きずったりだとか、空を飛んだりだとか、色々ありましたが、今回もすごいことが起きています(笑)金庫時々空、後に…何でしょう? ということで。ご期待ください」期待を煽る。『ワイルド・スピード MEGA MAX』から参加のホブス役、小山さんは「しかしまさか、アイツと組むハメになるとはな! 気に入らねえがやるしかねえ! 最終兵器を止めるしかねえ! あのドでかい化け物をぶっ潰すしかねえ! 〇〇に〇〇をぶちこむぜ! おっとベイビーが来ちゃったぜ! どんなもんだい! 吹き替えでブッ飛びだぜ!」とコメントを寄せた。

そして、新参加キャストの吹き替えメンバーがこのほど決定。ミスター・ノーバディの部下リトル・ノーバディ役を、アニメ「黒執事」セバスチャン役や「ジョジョの奇妙な冒険」空条承太郎役、「おそ松さん」松野十四松役でお馴染みの小野さん。謎のサイバーテロリスト、サイファー役を「攻殻機動隊」草薙素子役や海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」オードリー・レインズ役の田中さん。サイファーの部下ローズ役を、「名探偵コナン」の小嶋元太役などアニメ作品や海外作品の吹き替えはもちろん、近年大河ドラマ「真田丸」や「A LIFE~愛しき人~」などに出演し俳優としても話題を集める高木さん。ドムのいとこフェルナンド役を、「暗殺教室」「おそ松さん」や「ハイスクール・ミュージカル」シリーズの福山さんが担当し、“ワイスピ”ファミリーの仲間入りを果たす。

今作から参加する小野さんは、「『ワイルド・スピード』の新たなファミリーになれたことを光栄に思っています」と喜び、田中さんは「シャーリーズ・セロンの圧巻の美しさと邪悪さに終始圧倒され、ドムを追い詰めるシーンでは彼女の冷徹さに震えるほどでしたが、その感覚をそのまま台詞に活かせたと思っています。悪女の中の悪女はまず美しくなくては。完璧なまでの悪女、サイファーに翻弄されるワイルドな時間をどうぞお楽しみに」とふり返る。

また高木さんは、「今回の『ワイルド・スピード』もスリル満載迫力満点! もうこれでもか! ってくらい車が飛びます。期待して観てください!」と呼びかけ、福山さんは「ワタクシが担当させて頂きましたシーンはオープニングからになりますので始まりましたらもうお見逃しなく! 人物としてはちょっとヘタレ感のある青年で楽しく演じさせて頂きました! 参加させて頂けただけで光栄ですのでファミリーの一員という響きは何とも身に余りますが、作品を彩る一助になれていれば幸いです!」とコメントした。

なお本作は、日本語吹き替え版でもIMAX(R)3Dの上映が決定。オリジナル&吹き替え版の両バージョンを、最高の環境で楽しむことができる。

『ワイルド・スピード ICE BREAK』は4月28日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/