森のレストラン「日比谷松本楼」100年の歴史が育んだ洋食ランチ3選

最新ニュース ルトロン

森のレストラン「日比谷松本楼」100年の歴史が育んだ洋食ランチ3選
森のレストラン「日比谷松本楼」100年の歴史が育んだ洋食ランチ3選 全 1 枚 拡大写真

明治36年に創業した洋食レストラン「日比谷松本楼」。四季の美しさを眺めながら、テラスでいただく食事は格別の味です。ぜひともいただきたい伝統の人気洋食ランチをご紹介。

日比谷公園の中にある「日比谷松本楼」。四季折々の美しさを見せる公園とガーデンを望める洋食レストランです。明治時代に西洋文化が広まる中で、洋食ブームの火付け役となったレストランでもあります。今日にいたるまで、昔ながらの洋食の味を伝えています。そんな「日比谷松本楼」のおすすめランチ3選をまとめました。

100年守られた伝統の味「ハイカラビーフカレー」

“松本楼といえばカレーライス”と言われるほど、その味に定評がある「ハイカラビーフカレー」(950円)。食通な文豪たちに愛されたカレーは、深みを感じるコクとほんのりとした辛さが絶妙な美味しさ。創業以来変わらない秘伝のレシピで作られるカレーは、どこか懐かしい香りがします。

牛肉とタマネギだけのシンプルなカレーは、作り始めてから4日目のものしか出さないそう。1日はルー、2日目はソース、3日目炒めたお肉を入れて柔らかくなるまで、4日目はタマネギを入れて味を調整、と並々ならぬこだわりで作られています。

1週間煮込んだ絶品ソースに舌鼓!

「たっぷりと掛けたデミグラスソースが決め手です」とシェフが語る「ハンバーグステーキ森のレストラン風」(1,350円)。一週間かけて作られるというソースは、牛すじ肉や野菜、赤ワインなどをコトコト煮込んで作るそう。かすかな酸味が肉のうまみをより引き出します。合いびき肉のハンバーグとの相性もばっちり! また、ハンバーグに合うようにレシピを試行錯誤した自家製のフランスパンとロールパンは、一個ずつ手作り。その美味しさに、パンだけ持ち帰りたいという人がいるほどなのだとか。

大人のための“お子様ランチ”「松本楼の選べるビッグプレート」

20年以上の前からの人気メニューのオムライスと、ハンバーグやエビフライ、かにクリームコロッケなどから3つを選べる「松本楼の”選べる”ビッグプレート」(1,706円)。大人ための“お子様ランチ”を作りたい、と誕生したそうです。なかでも、表面がふわとろの卵にチキンピラフを包んだオムライスは絶品! ソースも、ハヤシライスソース、クリームソース、カレーソースから選べます。

緑に包まれた歴史あるレストランで、伝統の洋食をご堪能あれ♪

取材・文/末吉陽子

スポット情報

スポット名
日比谷松本楼
住所
東京都千代田区日比谷公園1-2
電話番号
tel : 03-3503-1451 fax : 03-3503-1460

《編集部@ルトロン》

この記事の写真

/

特集