松田龍平主演『ぼくのおじさん』を“プール”で鑑賞!「プール de シネマ」

映画 邦画ニュース

『ぼくのおじさん』(C) 1972 北杜夫/新潮社 (C) 2016「ぼくのおじさん」製作委員会
『ぼくのおじさん』(C) 1972 北杜夫/新潮社 (C) 2016「ぼくのおじさん」製作委員会 全 9 枚 拡大写真
松田龍平が“おじさん”役を演じる映画『ぼくのおじさん』。この度、5月10日(水)のDVDの発売を記念して、「プール de シネマ」第2弾として貸切の試写会を開催することが決定した。

本イベントでは、プレミアムフライデーが掲げる「ちょっと豊かな金曜日」になるよう、「ホテルのプールで映画を鑑賞する」という普段体験出来ないプレミアムな体験を提供する。

先日開催された『大奥』『またまたあぶない刑事』に続き、今回の第2弾では昨年11月に公開された、主演・松田さん×監督・山下敦弘の新しいタッグが放つ、ホームコメディ&ロードムービー『ぼくのおじさん』を上映する。

原作は、芥川賞作家・北杜夫が持ち前のユーモアを存分に発揮し、和田誠のイラストと共にいまもなお幅広い世代に愛され続ける同名作。学校の作文コンクールの宿題を課せられた小学4年生のぼく=春山雪男。作文コンクールの課題は「周りにいる大人について」。お小遣いはくれないし、勉強も教えてくれない。スポーツも全然ダメで、何かにつけて屁理屈ばかり…ぼくは、居候の“おじさん”について書いてみることにした。ある日おじさんは、お見合いで 出会った、ハワイの日系4世の美女・稲葉エリーに一目ぼれ。だが、エリーは祖母が経営するコーヒー農園を継ぐためにハワイに帰ってしまう。エリーに会いたい一心で、あの手この手を駆使してハワイへ行く策を練るおじさんだが、ことごとく失敗で落ち込むばかり。しかし奇跡が訪れ、おじさんと雪男はエリーを追いかけてハワイへ行くことに! おじさんの恋は一体どうなってしまうのか…というストーリー。

松田さんのほか、雪男役には大西利空、おじさんが一目惚れするマドンナに真木よう子。また戸次重幸、寺島しのぶ、宮藤官九郎、キムラ緑子、戸田恵梨香ら実力派豪華キャストが集結。作品の舞台になったハワイをイメージさせるプールで、映画を観ながら温水のプールにてゆったりとプレミアムな時間をお楽しみあれ。

<プール de シネマ イベント概要>
・日時:5月26日(金)17時30分開場、18時30分上映
・場所:ジェクサー・フィットネスクラブ 大宮
・料金:無料 ※水着着用(アロハなどハワイをイメージさせる上着着用も可)
・参加者:100名事前申込制
・申込期間:4月17日(月)~

『ぼくのおじさん』DVDは5月10日(水)より発売。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/