エル・ファニングらがお手本!ワントーン&ピンクで最旬「春メイク」

最新ニュース スクープ

エル・ファニング&キム・ミニ-(C)Getty Images
エル・ファニング&キム・ミニ-(C)Getty Images 全 5 枚 拡大写真
いよいよ本格的な春が到来! 桜はもちろん、桜をイメージしたフードやファッションが多く登場、一気に春ムード満開に。それに向けてメイクアップも「春メイク」にチェンジして、最旬フェイスを手に入れよう! ポイントはワントーン&ピンク。オフィスやデートシーンにもすぐに取り入れられる落ち着いた大人のメイクをそれぞれご紹介。

■優しいピンクで“ふわっとフェイス”



ファッション業界に渦巻く欲望と狂気を、ヴィヴィットに描いたニコラス・レフン監督『ネオン・デーモン』にはじまり、『20センチュリー・ウーマン』『夜に生きる』の公開も控える今年も大活躍のエル・ファニング。こちらのメイクはエルのスウィートさが存分に生かされたシャドー、チーク、リップが全てピンクで統一され、ふわっとした優しいフェイスに仕上がっている。明るさを少しだけ抑えたローズ系のピンクにすることで、程よい丸みとまとまり感が出ているのがポイント。

■ヌーディーな色使いで“濡れ感フェイス”



宇宙空間の中“運命的な”愛を描く公開中の映画『パッセンジャー』でクリス・プラットとダブル主演を果たし、2年連続で「世界で最も稼いだ女優」にも選ばれた女優ジェニファー・ローレンス。近年「セクシーな女の子」のアイコンとして世界中から憧れの的となっているジェニファーのこちらのメイクは、全体的に色の抜けたベージュ&ピンクをバランスよく使うことで抜け感のあるヌーディーなメイクに仕上がっている。流行のリキッドタイプのアイカラーとツヤのあるリップグロスを使うことで、よりセクシーな“濡れ感”のあるイマドキな春メイクに。

■渋めピンクで“エッジィフェイス”



現在公開中の映画『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』に出演し、またモデルとしても活躍中であり、今後国際的な活躍も期待できる弱冠20歳の中条あやみ。アイラインを目の下に潔く引いたこちらのメイクは、渋めの大人なピンクが良く映え、ナチュラルなアイブロー&シャドーがうまく引き算されトレンド感あふれるメイクに仕上がっている。あえて“ノーチーク”にすることで、ピンクのリップメイクを際立たせるのがポイント。

■ペールピンク×涙袋で“大人ベビーフェイス”



2016年カンヌ国際映画祭で受賞を果たすなど、各国で高い評価を獲得しているパク・チャヌク監督最新作『お嬢さん』に出演。息を飲むような官能的な演技を見せ、いま世界から大注目の韓国人女優キム・ミニ。パール感のあるベージュのアイシャドーを単色使いし、涙袋にはハイライトを入れることで“大人可愛い”仕上がりに。チーク&リップは肌なじみのよいペールピンクを乗せることでフェイストーンがワンランクアップ!


《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加