池松壮亮、珍質問に「そのせいで体調悪いんですけど…」

最新ニュース レポート

池松壮亮/『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露試写会
池松壮亮/『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露試写会 全 10 枚 拡大写真
俳優の池松壮亮が4月17日(月)、都内で行われた主演作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の完成披露試写会に出席。司会者からの“珍質問”に「(事前に質問を知り)そのせいで、結構体調悪いんですけど…」とマイペースぶりを発揮していた。

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例のヒットを記録している、最果(さいはて)タヒによる同名詩集が原作。東京を舞台に、看護師として働く傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながら、日々をやり過ごす美香と、工事現場で日雇いの仕事をしながら、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年・慎二が織りなす恋愛模様を描く。

完成披露試写会には慎二を演じる池松さんをはじめ、美香役の主演・石橋静河、共演する松田龍平、田中哲司、石井裕也監督(『舟を編む』『バンクーバーの朝日』)が出席した。

映画のタイトルにちなみ、「皆さんにとって、東京は何色ですか?」の珍質問に、考えあぐねた池松さんは「ピンクですね。いま、桜が満開なので」と何とか回答。池松さん同様、この手の演出が苦手そうな松田さんは、「今日は雨も降っているんで、淡いブルーかなと。でも(会場に)着いたら、もう雨がやんでいて、どうしようかな…」とこちらも言葉少なげだった。

石井監督とのタッグは、池松さんが3度目、松田さんは映画賞を総なめにした『舟を編む』以来となり、「今回はいつになく、フレッシュなメンバーが集まって、若い勢いがありました」(池松さん)、「いまの石井裕也の近くにいたいと思っていた時期だったので、運命を感じざるをえないという思い」(松田さん)。

松田さんの発言に対し、石井監督は「僕もいつ仕事で再会できるのかなと思っていたので、この映画で良かったなと思う」とこちらも運命を感じている様子。また、池松さんについて、「これだけ才能があると、生きるのが大変そう。心配していますね」と話していた。

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は5月27日(土)より全国にて公開。5月13日(土)より新宿ピカデリー、ユーロスペースにて先行公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加