中条あやみ、「世にも奇妙な物語」に初出演で主演! 話題の“This Man”と共演

最新ニュース スクープ

「世にも奇妙な物語‘17春の特別編」
「世にも奇妙な物語‘17春の特別編」 全 6 枚 拡大写真
4月29日(土)放送の「世にも奇妙な物語‘17春の特別編」に、中条あやみが出演することが決定。「世にも奇妙な物語」に初出演で初主演に抜擢された中条さんは、「夢男」という作品で、不気味過ぎると話題の都市伝説の男、This Manと共演する。

This Manとは、2006年、ニューヨークの精神科病院をひとりの女性が訪れ、「いままで一度も会ったことのない男が、なぜかよく夢に現れる」と言い、似顔絵モンタージュを描く。その数日後、今度は別の男性患者が病院を訪れ、先の女性と似た話をした。そして男性が描いたモンタージュも女性が描いたモンタージュとそっくりということが判明。この現象に興味を感じた精神科医は、モンタージュを同僚の医師たちに送ったところ、ほかに4人の患者が同様のモンタージュを描いたという。医師たちはThis Manが実在するのか否か、その正体を探るべく、ウェブサイトを開設。以来、現在までに世界各地から2,000人の目撃証言が寄せられているという。

そんなThis Manの都市伝説を、今回ついにドラマ化。「夢男」の物語は、毎晩悪夢にうなされながらもその夢を思い出せないでいた女子大生のミドリ(中条あやみ)が、授業中に夢にはメッセージが隠されていると教わるところから始まる。怖いもの見たさもあって、夢の中に出てくる男の顔をイラストソフトを使ってモンタージュで再現するミドリ。軽い気持ちでTwitterに画像をアップし「この男が夢に出てきます。助けてください」と投稿する。すると翌朝、その投稿が大反響、周りの友人も次々にこの男を夢で見たと言い始め…。

そして今回、そのThis Man演じる夢男と対峙する主人公の女子大学生・ミドリ役を演じるのが、モデルとして10代の女性を中心に絶大な人気を誇り、女優としても現在公開中の『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や11月公開予定の『覆面系ノイズ』に出演する中条さん。「夢男」という作品について中条さんは、「テーマは恐怖であり、それによる集団パニックを描いていて、まさにいま、2017年のお話だと思います。実際に“夢男”がいるかもしれないという話を私も聞いていて、無いようであり得る話だなぁ、と思いました。私自身の周りでも、似たように噂が噂を呼ぶようなことが起きたことがあったし。SNSだとか、情報をゲットするのが便利な時代になったからこそ、こういうことがよりリアルになったと思います」とコメント。

また、映画と比べるとドラマの撮影はテンポが早くて、そのテンポに慣れるのに苦戦していると撮影の様子を語る中条さんだが、「監督もすごく楽しい方で、現場も明るくて、怖い作品を撮っているようには思えないです。毎日笑って楽しんでいます」と作品の内容とは逆に撮影現場は和やかなようだ。さらに、ハラハラドキドキするシーンがたくさんあると話す中条さん。「実際にこういうことが起きたらどんな感じかなぁなど、想像しながら見ていただけたら、より怖くて面白いと思います。私たちにとって意外と身近な話だし、本当に“世にも奇妙な話”なので。週明けの学校や職場で絶対に盛り上がれると思います!」とメッセージを寄せた。

「世にも奇妙な物語‘17春の特別編」は4月29日(土)21時~フジテレビにて放送。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/