中村蒼、ドラマ「赤ひげ」でエリート医師に! 船越英一郎と共演

最新ニュース スクープ

NHK BS時代劇「赤ひげ」
NHK BS時代劇「赤ひげ」 全 2 枚 拡大写真
巨匠・黒澤明監督のあの名作映画『赤ひげ』の原作である、山本周五郎の傑作小説「赤ひげ診療譚」が、11月3日(金)より「赤ひげ」のタイトルでBSプレミアムにて放送されることが決定。また、船越英一郎、中村蒼ら出演者も発表された。

本作は、江戸・小石川養生所を舞台に、無骨で謎めいた医師「赤ひげ」と青年医師との交流、そして貧しい患者や市井の人たちの姿を描く、不朽の名作を新たなキャストでドラマ化。

小石川養生所の責任者で、患者には医術を施すだけでなく、患者の抱える事情にも踏み込み献身的に面倒を見る新出去定、通称「赤ひげ」役を演じるのは、「京都地検の女」「その男、副署長」シリーズなど数々のミステリードラマに出演する船越さん。その赤ひげに反発しながらも、患者たちの様々な姿に接することで、医師として生きるべき道を見出していく保本登役には、先日、「HiGH&LOW」の新作映画2作に出演することが決定するなど、近年実力派俳優として注目を集める中村さんが演じ、両者を中心に、絶えず資金繰りに悩む養生所や、長屋などを舞台に起きる事件と、死にざま、生きざまを通して、成長していく人間の姿を描いていく。

船越さんは、「孤高で完全無欠な“赤ひげ”ではなく、未完成な部分も持ち合わせた人間味溢れる“赤ひげ”像を模索しながら屈指の名作に挑む、無謀ともいえる大冒険を楽しみたいと思っています」と意気込みを語り、中村さんは、「人とはなにか。生きていくためには何が必要なのか。そんなことを医療を通して学ばさせてくれる赤ひげ先生。保本を演じていて僕もその教訓が心に沁みます。原作、映画と名作ですが、また新たなる『赤ひげ』を届けられる様日々挑戦しております」とコメントした。

2人のほかにも、古舘佑太郎、前田公輝、大後寿々花が出演。さらに、脚本は連続テレビ小説「梅ちゃん先生」や「アットホーム・ダッド」「お迎えデス。」など様々な作品を手掛けてきた尾崎将也、演出は『白夜行』『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋らが務める。

BS時代劇「赤ひげ」は11月3日より毎週金曜日20時~BSプレミアムにて放送(連続8回)。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加