Perfume初主演ドラマ「パンセ」、大反響受けNetflixで配信決定

最新ニュース スクープ

ドラマスペシャル「パンセ」(C)テレビ東京
ドラマスペシャル「パンセ」(C)テレビ東京 全 6 枚 拡大写真
「Perfume」のあ~ちゃん(西脇綾香)、かしゆか(樫野有香)、のっち(大本彩乃)がドラマ初主演し、大反響を呼んだテレビ東京ドラマスペシャル「パンセ」。このたび、放送を観ることができなかった地域のファンからの熱い要望に応える形で、オンラインストリーミングサービス「Netflix」にて国内独占配信されることが決定した。

建設会社に勤務するOLの“どんちゃん”(あ~ちゃん)、実家の乾物卸屋で経理の手伝いをする“おかみど”(かしゆか)、子ども服のリサイクルショップで働くフリーターの“のりぶう”(のっち)。小学校のときに帰り道が一緒で仲良くなった3人の女の子が、非日常を求めて、洋館を買うことになった。昔から気になっていた憧れの洋館。不動産屋さんに交渉をすると…びっくりするくらいの格安。ただし、“力丸”の面倒を見る、という条件付き。3人は二つ返事で快諾し、ついに引っ越しの日を迎える。噴水のある素敵な洋館――。うっとりする3人――。だが、そこには大きな、大きな落とし穴があった! なんと、3人が犬だと思い込んでいた“力丸”は、結構いい歳をしたひきこもりのオッサンだった…!?

「夢ってなんだった?」「働くってどういうこと?」3人の等身大女子を通して見えてくる摩訶不思議な物語は、稀代の脚本家・木皿泉のオリジナル脚本で、「Perfume」の3人がドラマ初主演を務めた。テレビ東京での放送当日(3月31日、4月1日)には、深夜にも関わらず「パンセ」がTwitterのトレンド入り。また、「Perfume」の演技に感激し、木皿さんの脚本に涙し、オープニングタイトルバックに熱狂した視聴者の方々から、続編やDVD化を望む声がたくさん寄せられた。

何てことのない毎日のなかに舞い降りた偶然の出会い。その出会いのなかで、ふと立ち止まって考えたくなるテーマを3人の他愛ないおしゃべりを中心に描き、素敵な台詞の数々が観る者の心に刺さった本作。年度の変わり目という絶妙なタイミングで、新しい門出に勇気を与えるドラマとして高評価を得た。その影響もあり、系列内外の地方局での放送も続々と決定している。

「パンセ」は4月19日(水)よりNetflixにて国内独占配信予定。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/