ジャッキー・チェン、6億かけ中国で子ども向けアニメをプロデュース

最新ニュース ゴシップ

ジャッキー・チェン-(C)Getty Images
ジャッキー・チェン-(C)Getty Images 全 1 枚 拡大写真
ジャッキー・チェンが自身を題材とした子ども向けアニメ「All New Jackie Chan Adventures」(原題)を中国でプロデュースするという。現在開催中の北京国際映画祭で明らかにした。

ジャッキーは2000年から2005年にかけてアメリカを含む60カ国以上で放送された「ジャッキー・チェン・アドベンチャー」というアニメの声優を務めたことがあるが、中国で年内に放送予定の今回のアニメはその新バージョンだそうだ。ジャッキーは再び声優として出演、各エピソードの最後にはジャッキー本人が登場し、視聴者の子どもたちに語り掛ける。「子どもは言うことを聞かないこともあるけど、コメディやアクション(のアニメ)を通してなら従うかもしれない」とジャッキーは期待。「歯を磨きなさいとか、お年寄りにやさしく、とかね」。

「All New Jackie Chan Adventures」は全104話の製作を予定しており、製作費はおよそ6億6千万円(600万ドル)。3歳から10歳の子どもを対象とした3Dアニメで、子ども版のジャッキーが仲間とともに悪の侵略者から魔法の夢の国を守るという内容だ。

2019年には同アニメの映画化も予定しており、キャラクターグッズの製作も進行中。さらに、ジャッキーはこのアニメを基とした「テーマパークも開園したい」との野望を語り、「テーマパークができる頃には僕は80歳になってるかも」と笑った。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集