UVERworld、小栗旬『銀魂』主題歌に!「起爆剤を提供できれば」

映画 邦画ニュース

UVERworld
UVERworld 全 2 枚 拡大写真
空知英秋原作、小栗旬主演で実写映画化する『銀魂』。この度、本作の主題歌を滋賀県出身の6人組ロックバンド「UVERworld」が担当することが決定。本作のために、新曲「DECIDED」を書き下ろすことが分かった。

宇宙からやってきた「天人」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗旬)と、ひょんなことから出会った新八(菅田将暉)と神楽(橋本環奈)が営む万事屋。彼らの周りで起こる事件や騒動の数々。果たして、今日はどんな事件が起きるのか――? この夏、銀色の魂に、日本中が虜になる!

製作発表から、キャラクタービジュアル、特報映像が解禁されると、その都度大きな盛り上がりをみせてきた本作だが、今回、主題歌をロックバンド「UVERworld」が担当することが決定。2005年発表のシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビュー以降、リリースしたシングル、アルバムのほとんどがチャート上位にランクインするなど、独自のサウンドと歌詞が若者を中心に絶大な支持を誇る彼らが、新曲「DECIDED」を本作のために書き下ろした。

作詞・作曲を手掛けるボーカルのTAKUYA∞(タクヤ)は、「豪華キャストとスタッフ、世界的な人気漫画の実写化いうことで、製作発表からすでに大きな話題になっていた作品に、まさかUVERworldが関われるとは思ってもいませんでした」と驚きと喜びを表し、「笑いあり、アクションあり、感動ありの銀魂の世界を盛り上げる起爆剤を提供できれば、という思いで作りました。最後の一瞬まで侍たちの生きる姿を見逃さず、映画を楽しんでください」と楽曲に込めた思いを明かしている。

『銀魂』は7月14日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/