満島ひかり&永山絢斗、奄美で愛を育む…『海辺の生と死』場面写真が一挙解禁

映画 邦画ニュース

『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ 全 12 枚 拡大写真
満島ひかりが4年ぶりに単独主演を務め、小説家・島尾敏雄と妻・ミホの出会いと恋物語を映画化した『海辺の生と死』。このほど、島尾ミホのモデルとなる主人公トエを演じた満島さん、島尾敏雄のモデルとなる恋人の朔(さく)中尉を演じた永山絢斗ら、俳優陣の魅力あふれる場面写真が一挙に解禁された。

昭和19年(1944年)12月、奄美カゲロウ島。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長・朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う2人。島の子どもたちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになるが、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった――。

戦後文学史に残る伝説的夫婦といわれた島尾敏雄&ミホ夫婦。時は太平洋戦争末期、2人が出会ったのは自然と神と人とが共存し、圧倒的な生命力をたたえる奄美群島・加計呂麻島。男はじりじりと特攻艇の出撃命令を待ち、女はただ、どこまでも一緒にいたいと願った。

後年、互いに小説家である2人がそれぞれ執筆した鮮烈な出会いと恋の物語「海辺の生と死」(島尾ミホ)、「島の果て」(島尾敏雄)などを原作に、奄美大島、加計呂麻島でのロケを敢行し、完全映画化を果たした本作。ヒロイン・大平トエを演じるのは、ドラマ「カルテット」での好演も記憶に新しい満島さん。トエの恋人、朔中尉を演じるのは、先のNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインの夫役を演じ、お茶の間の好感を集めた永山さん。

本作は2015年、奄美大島、加計呂麻島オールロケーション、すべてロケセットで撮影され、キャストも主要キャスト以外は子どもたちも含め地元の人々の協力で進められたという。今回解禁となった場面写真は、そんな奄美の島の空気感が伝わり、満島さんや永山さんたちの俳優陣が放つ静かな熱量を感じずにはいられないシーンカットばかり。

海辺では生徒に囲まれ、教員として優しい笑顔を浮かべる一方、朔中尉の横では少し緊張した面持ちを見せたり、思いつめたような表情で紅をさしたりと、満島さん演じる主人公トエのさまざまな表情も印象的。2人が出会った島の情景と2人の恋の熱が伝わる場面写真となっている。

『海辺の生と死』は7月29日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/