欅坂46総出演! 連続ドラ「残酷な観客達」が5月放送へ

最新ニュース スクープ

「残酷な観客達」 (C)「残酷な観客達」製作委員会
「残酷な観客達」 (C)「残酷な観客達」製作委員会 全 4 枚 拡大写真
2015年に結成されるや否や怒涛の人気急上昇っぷりをみせる女性アイドルグループ「欅坂46」。この度、彼女たちが出演するドラマ「残酷な観客達」が、5月18日(木)より日本テレビにて放送されることが決定。また、地上波放送終了後より「Hulu」にて先行独占配信も開始される。

現代からさほど遠くない近い未来での出来事。プライバシーの保護を優先するあまり、学校では教師や生徒の名前を開示しないことになっていた。そうした環境で学校生活を送っていた女子高生たちが、突如として教室に閉じ込められてしまう! その様子はリアルタイムで全世界に配信され、タブレットの向こうにいる見ず知らずの観客たちが、彼女たちを観ていた。この教室から脱出する唯一の方法は、観客たちから多くの「いいね!」をもらうこと。彼女たちはたくさんの「いいね!」をもらうため、観客の気を惹こうと行動するが徐々に行動はエスカレートしていき…。

密室空間で混乱する中、信じていた友にさえ裏切られ、生徒たちは疑心暗鬼になっていく。「友だちは大切。でも、ルールに従うことが、この教室ではもっと大切」。ルールを守らなかった者に待ち受けているものとは? 一体何故、彼女たちは閉じ込められているのか? 観客たちに運命を握られた21人は全員で脱出できるのか――?

本作は、企画・原作を秋元康が務め、前田敦子が主演した「毒島ゆり子のせきらら日記」で、第35回向田邦子賞を受賞した矢島弘一が脚本を担当する本格ミステリードラマ。

「欅坂46」のメンバー平手友梨奈は、「演技に苦手意識があるので、克服したいという気持ちだったり、不安もあるのですが、みんなで力をあわせて頑張っていきたい」と意気込み、「欅坂46はクール・かっこいいというイメージを持っている方が多いと思いますが、ドラマならではの新しい私たちを見て頂きたいです」とファンへメッセージを送った。

また、脚本の矢島氏は「緊迫感と馬鹿馬鹿しさ。この正反対なものをタイトルにあるように“観客”として楽しんでもらいたい」と見どころを話し、プロデューサー・植野浩之は「このドラマで描きたいことは、人間の悪意と好奇心。それをいま一番勢いのある女性アイドルグループ欅坂46と、向田邦子賞受賞後初の執筆となる脚本家・矢島弘一の掛け算で視聴者に届けたいと思います」と語っている。

なおドラマの主題歌は、4月5日に発売された「欅坂46」4枚目のシングル「不協和音」通常盤に収録されている「エキセントリック」に決定。

「残酷な観客達」は5月18日(木)より毎週木曜0時59分~日本テレビにて放送、地上波放送終了後よりHuluにて先行独占配信スタート(初回は第1・2話同時配信)。※ 関東ローカル

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/