木村拓哉、主演作『無限の住人』引っさげ、カンヌに“斬り”こむ

最新ニュース レポート

『無限の住人』ジャパンプレミア
『無限の住人』ジャパンプレミア 全 9 枚 拡大写真
木村拓哉が4月19日(水)、都内で行われた主演作『無限の住人』のジャパンプレミアに出席。第70回カンヌ映画祭「アウト・オブ・コンペティション部門」への公式選出が決定しており、木村さんをはじめ、共演する杉咲花、三池崇史監督の現地入りが発表された。

「歴史ある映画祭の特別上映作品に選んでいただき、うれしい。何より三池監督からお電話をいただき、直接教えていただいたので、ダブルでうれしかったです」と木村さん。カンヌに“斬り”こむ木村さんにエールを送るファンに対しては、「上映されたら、映画は皆さんのもの。いろんな角度から何度も何度も体感し、全身で受け取ってくれたら幸いです。最後までスクリーンとつながっていただければ」と言葉を投げかけた。

原作は国内外で熱狂的な支持を集め、累計発行部数750万部を突破する沙村広明による同名コミック。妖術によって「死んでも死なない」肉体を手にした伝説の人斬り万次(木村さん)が、親を殺された少女・凜から、仇討ちの用心棒を依頼され、死線を超えた戦いに身を投じるアクションエンターテインメント。

凜を演じる杉咲さんは、「自分にとって大きな出会いになった作品で、初めてカンヌに行けることが何より幸せ。行ってきます!」と感激しきり。三池監督はカンヌの常連だが、コンペ外の上映は初めてだといい、「木村拓哉というスーパースターに耐えうる三池組、そして参加してくれた個性的なキャストが全力でぶつかり、世界的に見てもそうはない作品になった」と現地の反応に期待を寄せていた。第70回カンヌ国際映画祭は、5月17日~5月28日(現地時間)にて開催される。

また、木村さんと杉咲さんは、公開を前に全国各地でキャンペーン行脚しており、「撮影やキャンペーンでご一緒し、築けた関係のおかげで、自然と彼女をエスコートできる自分がいてうれしい」(木村さん)、「常に相手のことを思いやる姿は、やっぱりすごいなと思った」(杉咲さん)と劇中同様の“絆”を披露していた。

ジャパンプレミアには木村さん、杉咲さん、三池監督に加えて、共演する福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、満島真之介が出席した。

『無限の住人』は4月29日(土・祝)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/