エル・ファニング、バレリーナを夢見る少女の声優に!『フェリシーと夢のトウシューズ』

映画 洋画ニュース

『フェリシーと夢のトウシューズ』 (C)2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.
『フェリシーと夢のトウシューズ』 (C)2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC. 全 3 枚 拡大写真
『最強のふたり』の製作陣と『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などのアニメーターが集結したアニメーション映画『BALLERINA』が、『フェリシーと夢のトウシューズ』として8月12日(土)より公開決定。そのティザーポスターと特報映像がお披露目された。

物語の舞台は19世紀末、エッフェル塔を建設中の花の都パリ。踊ることが好きな気持ちは誰にも負けない孤児の少女フェリシーは、いつかパリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見ていた。ある日、偉大な発明家を志している親友ヴィクターとそれぞれの夢を叶えるため、施設を抜け出し、憧れの街パリを目指すことに。元バレリーナのオデットと運命的な出会いを経て、まだバレエを習ったことすらなかった少女が、情熱と勇気を胸にあたらしい世界に飛び込む。情熱と勇気だけを胸に、フェリシーは夢の舞台に立つことができるのか――。

ひとりぼっちの少女が、情熱だけを胸にパリ・オペラ座のバレリーナを目指す物語。実写とアニメーションの豪華制作陣がジャンルの垣根を越えて集結、さらに、振付をパリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオレリー・デュポン、ジェレミー・ベランガールが担当するなど細部にいたるまで美意識と情熱が注ぎ込まれている。

届いた特報でも、何かが始まる予感に満ちた花の都パリのいたるところ…セーヌ川にかかる橋の上で、建設中のエッフェル塔の下で、賑やかなお店で、フェリシーは軽やかに跳ね、優雅に踊る様子が映し出される。アニメーションだからこそ描けた、彼女の魔法のようなきらめき、その躍動感には目も心も奪われてしまうほど。


フェリシーの声を務めるのは、ニコラス・W・レフン監督の『ネオン・デーモン』、ベン・アフレックの監督&主演作『夜を生きる』、マイク・ミルズ監督の『20センチュリー・ウーマン』など話題作が続き、いまをときめく人気実力ともに若手ナンバーワン女優のエル・ファニング。彼女の親友ヴィクター役には、『アメイジング・スパイダーマン2』や「PRADA」キャンペーンモデルとして抜群の存在感を放ち、カーラ・デルヴィーニュとリュック・ベッソン監督最新作に出演するデイン・デハーンが声優に初挑戦! さらに「コール・ミー・メイビー」の世界的大ヒットで知られるカナダの歌姫カーリー・レイ・ジェプセンが、フェリシーにバレエを教える元バレリーナ・オデット役で参加する。彼女は本作の主題歌も手掛けており、物語の世界をより華やかに盛り上げてくれそうだ。

フェリシーの何度でも立ち上がる明るく前向きな姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている真っ最中の子どもたちも思わず心が踊り出すエンターテインメント。続報にも、注目していて。

『フェリシーと夢のトウシューズ』は8月12日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加