【高杉さと美 BLOG】『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

最新ニュース スクープ

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 (C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 (C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved. 全 1 枚 拡大写真
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

ケイシー・アフレック演じる主人公のリーは、アメリカ・ボストン郊外でアパートの便利屋として働いている。

兄ジョーの突然の死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻ってきた彼は、遺言により16歳の甥パトリックの後見人となった。

二度と戻ることはないと思っていたこの町で、過去の悲劇と向き合わざるをえなくなるリー。

彼はなぜ町を去ったのか。なぜ心を閉ざして生きるのか。
父を失ったパトリックと共に踏み出す、小さな一歩の行方は―アッシュ。


もし人が、独りぼっちで生きていくとするならば、胸を裂くような激しい痛みと出逢わずに済むだろう。

そしてまた明日を、1年後を、10年後をも明るく照らすような、確かな希望を抱くこともないだろう。

この映画に登場する人々は皆、痛みを抱えている。 わたしたちもそうであるように。

とりわけリー・チャンドラーが抱える苦悩は深く、それによって彼は孤独の中に沈む日々を送っている。

しかしその苦悩は、彼を取り巻く人々との関わりの中で、哀しくもありながら、時折可笑しく、たくましく、様々な顔を見せる。

暗く冷たいブルーを秘めた水面が、太陽の日差しを受けてきらきらと色を変えるように。

リーが独りぼっちじゃなくて良かった。 大切に想える相手がいて。

たとえ傷ついても、哀しくても、誰かと寄り添って生きる時、哀しみの成分は哀しみ100%ではないから。 そこには必ず温もりがある。

堪え難い痛みに襲われようとも、それが歩みを進めるための力になると信じている。


マット・デイモンがプロデュースを手がけ、第89回アカデミー賞主演男優賞、脚本賞を受賞した本作

公開は5月13日(土)です★

《text:Satomi Takasugi》

特集

この記事の写真

/