野村周平&竜星涼&石橋杏奈、若手俳優の熱演に注目!『22年目の告白』

映画 邦画ニュース

『22年目の告白―私が殺人犯です―』(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会
『22年目の告白―私が殺人犯です―』(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会 全 9 枚 拡大写真
藤原竜也&伊藤英明の初共演で贈る、“日本中を狂わせる殺人犯”と“22年前にすべてを失った刑事”による新感覚サスペンス『22年目の告白―私が殺人犯です―』。このほど、仲村トオルや岩城滉一ら実力派とともに脇を固め、熱演を見せる野村周平や竜星涼など最旬の若手俳優たちの場面写真が到着した。

藤原さん演じる5人の命を奪った殺人犯・曾根崎雅人が、22年前の事件で全てを失い、犯人を追い続けた伊藤さん演じる刑事・牧村航や、苦しんできた被害者遺族たちの心情を逆なでするような“告白本”を出版し、日本中から罵声と歓声を浴びながらも“時の人”となっていく本作。

いま最も注目を集めている若手俳優の1人、野村さんが本作で演じるのは、牧村刑事の妹・里香の恋人・小野寺拓巳だ。拓巳は1995年、阪神淡路大震災で被災した里香とともに、東京にいる牧村の元へやってくる。震災以降、不安定な気持ちの里香を本気で愛する心優しい青年だったが、里香が事件に巻き込まれ行方不明になってしまう。『サクラダリセット』『帝一の國』など話題の出演作が続々と公開され、ドラマ「サイタマノラッパー」にも出演するなど、映画やドラマに引っ張りだことの野村さんが、愛する人が突然いなくなってしまう複雑な役どころをどう演じたのか注目だ。

その里香を演じるのは、元「セブンティーンモデル」で女優として活躍する石橋杏奈。石橋さんは第31回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリに選ばれ、さまざまな映画やドラマに出演。NHKのコント番組「LIFE!~人生を捧げるコント~」ではお笑いの才能を開花させ、得意のラップを披露するなど意外な一面を披露。鈴木亮平が“宮沢賢治”を演じるWOWOW「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」では賢治の妹・トシ役に抜擢された。そんな石橋さんが演じる、牧村の妹で拓巳の恋人の里香は幼いころに両親を亡くし、兄と2人きりで生きてきた。しかし震災の恐怖がトラウマとなり、自分だけが助かったことを負い目に感じてしまう。そんな中、恋人の拓巳からプロポーズを受けるが、事件に巻き込まれ行方不明になってしまうのだった…。

シリアスな展開が続く本作だが、野村さんと石橋さんというイマ旬の2人が恋人役を演じるシーンは、一瞬ほっと息をつけるシーンとなっており、里香と拓巳が事件にどう絡んでいくのかも見逃せない展開となっている。

そして、もう1人の注目俳優は、牧村の後輩刑事・春日部信司を演じる竜星さん。竜星さんはスーパー戦隊シリーズ「獣電戦隊キョウリュウジャー」でドラマ初主演を務め、映画『orange-オレンジ-』『泣き虫ピエロの結婚式』『君と100回目の恋』など数々の話題作に出演。現在はNHK連続ドラマ小説「ひよっこ」、TBS日曜劇場「小さな巨人」に出演して話題沸騰中。さらに183cm という高身長を活かし、パリコレに2年連続出演するなど、さまざまな活動をしており、さらにブレイクすることは間違いない。そんな竜星さんが本作で演じる春日部は、伊藤さん演じる牧村のバディ的存在。行動力がありガッツもある新米刑事だが、少々頭に血が上りやすいところも。奇しくも、「ひよっこ」「小さな巨人」でも刑事役を務めており、一見クールなルックスでも実はアツい一面を、本作でも披露してくれそうだ。

『22年目の告白―私が殺人犯です―』は6月10日(土)より全国公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集