【予告編】母を亡くした喪失感を抱えた男の夢と覚醒…イタリアの巨匠が贈る『甘き人生』

映画 洋画ニュース

『甘き人生』(C)2016 ALL RIGHTS RESERVED IBC MOVIE SRL, KAVAC FILM SRL, AD VITAM
『甘き人生』(C)2016 ALL RIGHTS RESERVED IBC MOVIE SRL, KAVAC FILM SRL, AD VITAM 全 3 枚 拡大写真
昨年のカンヌ国際映画祭「監督週間」のオープニングを飾り、先日の「イタリア映画祭」でも上映された巨匠マルコ・ベロッキオ監督最新作『Sweet Dreams』(英題)の邦題が『甘き人生』に決定、その予告編とポスタービジュアルが解禁された。

1969年のイタリア北部・トリノ。9歳のマッシモの前から、ある日突然、母親がいなくなった。司祭から母親は天国にいると告げられるも、彼はその不可解な事件を受け入れられず、喪失感に苛まれる。時がたち、90年代のローマ。マッシモは腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきたが、いまもなお過去の傷を癒せず、心を閉ざし、夢の中を生きているかような生活を送っていた。しかし、女医エリーザとの出会いによって長い夢から覚め…。

イタリア人ジャーナリストのマッシモ・グラメッリーニによるベストセラー自伝小説を原作にした本作。希望に満ち溢れていた高度経済成長期の60年代と先行き不透明な90年代、古都トリノと首都ローマを彷徨う1人の男を通して、戦後のイタリアの光と影があぶり出される。主演は、『ローマに消えた男』『おとなの事情』などイタリア映画界を代表する人気俳優ヴァレリオ・マスタンドレア。彼が出会う女医役には、米アカデミー賞にノミネートされた『アーティスト』やカンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した『ある過去の行方』などの実力派ベレニス・ベジョ。さらには、アルノー・デプレシャン監督作品などで知られるフランス人女優エマニュエル・ドゥヴォスらが脇を固めている。

監督は、フェリーニやヴィスコンティといった往年の巨匠が持つ品格を継承しながら、“イタリアのいま”を見つめ続ける、『眠れる美女』『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』などで知られる現代の巨匠マルコ・ベロッキオ。彼が探究してきたテーマ、家族、母親、父親、そしてイタリア、その全てが本作には込められている。

予告編では、古き良きイタリアの象徴として描かれる古都トリノと現代の首都ローマを舞台に、主人公マッシモの幼少期のキラキラした思い出と、母親を突然失うという喪失が描かれる。それから30年近く過ぎてもなお、過去のトラウマと向き合う姿や、精神科医エリーザとの運命の出会いも…。戦後イタリアの光と影を背景に、2つの都市と2つの時間が交錯する中、ある愛の物語として綴られていく。


また、ポスタービジュアルには、「よい夢を――」(Sweet Dreams)のコピーと共に、ジャーナリストとして成功を収めるも、過去の傷を癒せずに生きるマッシモと、マッシモの苦悩の根源をほかの誰よりも理解し、愛を与えるエリーザの姿が映し出されている。

『甘き人生』は7月15日(土)よりユーロスペース、有楽町スバル座ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/