【予告編】圧倒的臨場感!海辺に取り残された若き兵士たちの運命は…『ダンケルク』

映画 洋画ニュース

『ダンケルク』(C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.
『ダンケルク』(C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved. 全 5 枚 拡大写真
クリストファー・ノーラン監督が、トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、さらに注目若手キャストを揃えて挑む第2次大戦下の実話『ダンケルク』。このほど、観る者を圧倒的臨場感の中に誘う、陸海空、3つの視点が交錯する最新予告が解禁となった。

斬新なアイデアと卓越したビジュアルセンス、徹底したリアリティへのこだわりなどで知られるノーランが、初めて実話に挑む本作は、自ら脚本を執筆。1940年、40万人の兵士たちのために民間船までも出動した“史上最大の救出作戦”「ダイナモ作戦」を描く。

はるか海の彼方にある故郷を思い、共に生きると誓った4人の若者たちのドラマが描かれる本作。「僕らは最悪の戦況にいた」との言葉で始まる、解禁された映像では、1人の青年を通して、海辺の町ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍の若き兵士たち40万の姿が映し出される。およそ倍のドイツ軍が彼らを完全包囲する中、タイムリミットへの時を刻む音が緊迫感をいっそう高めていく。時間なし、逃げ場なし、望みなし。絶対絶命の状況下、陸海空、3つの視点でストーリーが同時に進行。英国側からは、彼らを救おうと決死の覚悟で民間船までもが動き出す。果たして若者たちは、生きて故郷に帰ることが出来るのか――?

「観客の皆さんをダンケルクの砂浜へ連れて行きたかった」と語るノーラン監督。批評家に絶賛されていた『ダークナイト』がアカデミー賞候補から漏れたことが物議を醸し、翌年から候補の枠が5本から10本に増える事態も起きた。アカデミー賞の歴史までも変えてしまう、まさに“世界が嫉妬する才能”の称号にふさわしい監督は、本作では全編、IMAX 65ミリとラージ・フォーマット65ミリ・フィルムの組み合わせて撮影、五感をゆさぶる“究極の映像体験”を生み出した。

映像には、“チーム・ノーラン”の顔ともいえる英国の怪優トム・ハーディ、そしてキリアン・マーフィーに加え、『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたマーク・ライランス、監督としても高い評価を受ける名優ケネス・ブラナーが顔を揃える。また、若き4人の兵士には、オーディションによって役を射止めた、ソロ・デビューを果たしたばかりの元「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズ、エマ・トンプソン主演、イアン・マキューアン原作の『The Children Act』(原題)で“未成年”役を演じるフィオン・ホワイトヘッド(場面写真の青年)、NHKで放送されたBBCドラマ「戦争と平和」のジャック・ロウデン、同じくアナイリン・バーナードら、今後の活躍が期待される俳優が抜擢。


これまで、革新的作品で観客を熱狂させ続けてきたノーランが、陸海空の圧倒的臨場感で描く最新作『ダンケルク』。映画史を塗りかえる、新たな傑作となりそうだ。

『ダンケルク』は9月9日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/