村田充“ウタ”ほか4キャラビジュアル公開!舞台版「東京喰種」

最新ニュース スクープ

ウタ役:村田充/舞台『東京喰種トーキョーグール』~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~(C)石田スイ/集英社 (C)舞台『東京喰種トーキョーグール』製作委員会
ウタ役:村田充/舞台『東京喰種トーキョーグール』~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~(C)石田スイ/集英社 (C)舞台『東京喰種トーキョーグール』製作委員会 全 11 枚 拡大写真
石田スイの漫画「東京喰種トーキョーグール」を原作とした舞台のタイトルが、「舞台『東京喰種トーキョーグール』~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~」に決定。合わせて村田充演じるウタほか4キャストたちのキャラクタービジュアルが到着した。

東京に潜む「絶望」。それは、人々に「死」以上の恐怖を与える怪人――“喰種”(グール)。 彼らはヒトに紛れ、ヒトを狩り、その死肉を喰らう。食物連鎖の頂点に君臨する“喰種”に怯えながら、人間たちはこの「間違った世界」を生きていた。読書好きの大学生・金木研(カネキ)は、行きつけの喫茶店「あんていく」にて、リゼという少女に出会う。年齢や境遇、読書の趣味も同じということで、急接近する2人だが…。

僕は小説の主人公でも何でもない…だけど…もし仮に僕を主役にひとつ作品を書くとすれば ――それはきっと、“悲劇”だ。

「赫子」と呼ばれる捕食器官を用いて人間を襲い、その殺傷能力の高さから「化け物」と恐れられる“喰種”だが、彼らが生きる方法は、ヒトを喰う以外に存在しない。カネキは、この歪んだ世界に疑問と葛藤を抱きながら、逃れようのない負の連鎖に巻き込まれていく…。

本舞台は、今夏より窪田正孝×清水富美加共演で実写映画化されることでも話題となっているダーク・ファンタジー作品「東京喰種トーキョーグール」が原作。舞台版は、2015年7月に東京・京都にて上演され、その世界観の再現度が高く評価されている。

先日、松田凌演じる金木研をはじめ、西尾錦(鈴木勝吾)、霧嶋董香(田畑亜弥)、西野貴未(山谷花純)、月山習(佐々木喜英)と人気の高いキャラクターたち5人のビジュアルが公開されたが、今回新たにウタ役を演じる村田充、四方蓮示役の吉田友一、芳村役の加藤忠可、イトリ役の富田麻帆と4人のキャラクターたちの姿が公開された。

「舞台『東京喰種トーキョーグール』~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~」は6月29日(木)~7月4日(火)シアター1010、7月8日(土)~9日(日)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/