“龍宮城”と“二条城”、アートアクアリウムが東京・京都の2都市で開催!

最新ニュース スクープ

「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2017 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム」
「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2017 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム」 全 20 枚 拡大写真
アートアクアリウムアーティストである木村英智が手掛ける、“アート、デザイン、エンターテイメント”と“アクアリウム”が融合した水族アート展覧会「アートアクアリウム」が今年も開催決定。11年目を迎え新たな出発となる今年は、金魚文化が花開いた「東京・日本橋」と悠久の歴史をもつ「古都・京都」と東海道が繋ぐ唯一無二の和の文化を象徴する2都市での開催となる。

東京会場では、「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2017 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム」と題して、海の金魚も泳ぐ“龍宮城”をコンセプトとし、玉手箱をモチーフにした新作「タマテリウム」が初登場。幻想的な和の水族世界が会場内に広がり、金魚を中心に海の魚も交えた約8,000匹の観賞魚がアートアクアリウム流の龍宮城で来場者をおもてなし。また、19時以降は「ナイトアクアリウム」として、会場内でドリンク片手に作品を鑑賞することも。「ナイトアクアリウム」では日によって、国内外で話題のDJプレイやジャズバンドのライブ、祇園の舞妓・芸 妓による京舞、大衆演劇の花魁ショーなど、普段は見ることができないスペシャルステージが多数開催される予定だ。

そして、京都・元離宮二条城で開催される「大政奉還150周年記念 アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」は、「アートアクアリウム」唯一の野外展示であり、最大級の展示規模。2015年以来2年ぶりの開催となる今回は、アートアクアリウム史上最大の作品「超・花魁」が西日本初登場し、パワーアップした展開に。また、会場内の台所前庭スペースには「夜祭 BAR」や「お茶席」が登場。宴の雰囲気を演出するため提灯明かりで艶やかに設え、「夜祭 BAR」では京都の地酒やお漬物、「お茶席」では京都のお茶と老舗の和菓子を楽しむことができる。

さらに、著名写真家とタッグを組んで生み出されるコラボレーション企画「アーティスティック・フォト・カレンダー・コレクション」の第2弾として、写真家レスキー・キーとタッグを組み、金魚をアートかつファッショナブルに撮影した2017&2018年版カレンダー「LESLIE KEE × ART AQUARIUM CALENDAR」と東京会場の日付指定なし優先入場券がセットになった「ARTISTIC PHOTO CALENDAR 付きプレミアム入場券」を5月25日(木)よりセブンチケットや全国のセブン-イ レブン店頭マルチコピー機にて数量限定で販売を開始。また、すでに販売終了となっているコレクションシリーズ第1弾となる写真家・篠山紀信氏撮影の2016年版カレンダーもセットになっている。

「アートアクアリウム 2017」広報大使には、2014年に開催された「アートアクアリウム」でも広報大使に任命された女優の上戸彩が就任。上戸さんは、「幻想的な世界観や独創的な作品の数々はとても魅力的で、ぜひ多くの方に見ていただきたい展覧会です。夏は東京・日本橋、秋は京都・二条城で『アートアクアリウム』をぜひお楽しみください」とコメントを寄せている。

チケットは、5月25日(木)よりセブンチケット及び全国のセブンイレブン店頭マルチコピー機にて販売を開始。入場料金がお得になる早割券に加え、今回初の試みとして日付指定なしの優先入場券や東京会場と京都会場のセット券も用意。詳細は 「アートアクアリウム」公式Webサイトにて確認してみて。

「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2017 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム」は7月7日(金)~9月24日(日)日本橋三井ホールにて開催。

「大政奉還150周年記念 アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」は10月25日(水)~12月10日(日)元離宮二条城にて開催。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加