成河&ミムラ&加藤諒ら出演! 舞台「人間風車」ビジュアル公開

最新ニュース スクープ

PARCO&CUBE 20th present「人間風車」
PARCO&CUBE 20th present「人間風車」 全 4 枚 拡大写真
9月28日(木)から東京芸術劇場プレイハウスほかにて上演される舞台、パルコとキューブの共同製作によるPARCO&CUBE 20th present「人間風車」のビジュアルがこのほど解禁。東京のほかにも大阪での公演が発表されていたが、この度、高知、福岡、新潟、長野、仙台でも上演されることが決定した。

童話作家の平川は、その作品のひねくれへんてこ度のせいで1冊の本も出版出来ない。新聞配達をしながら、せっせと童話を書いている。毎週末に怪獣公園と呼ばれる近所の公園で、平川は子どもたちに自作のへんてこ童話を語って聞かせるのだった。友人の童話作家・国尾は作品を発表しろと忠告するが、平川はマイペースで、今日も公園で子どもたちに話を聞かせているのだった。そんなある日、子どもたちと一緒に童話を聞く青年が現れた。彼の名前はおさむ。自らをサムと名乗る彼、サムは平川の童話を聞くとすぐにその話を覚え、自分で工夫した衣装を身にまとい童話の登場人物になりきって現れる。見た目は大人だが、まだ幼い少年のような言動の不可思議な青年だった。

またある日、どうしてもお金が足りなくなり、大学時代の友人でいまはテレビ局のディレクターをしている小杉にお金を借りようと局を訪れた平川。ひょんなことで、女優でレポーターのアキラと知り合い、恋心が芽生える。そして平川はアキラと知り合ってついに傑作童話を書きあげる。しかし、そのことが発端となって、平川は親友だと思っていた男に裏切られ、恋人からは誤解され、そして世間から見捨てられてしまう。理不尽な目に会い、転落した平川が取った行動とは…。

舞台「人間風車」は、後藤ひろひとが劇団「遊気舎」に1997年書き下し上演、その後2000年にパルコ劇場にてG2演出のもと、生瀬勝久、斉藤由貴、阿部サダヲ、八嶋智人、大倉孝二、など錚々たるキャストが集結し上演。また、2003年にも永作博美、入江雅人、河原雅彦らで再演された伝説の人気作だ。そして今回14年の時を経て、全く新しい形で再演される。

売れない童話作家の平川役には、高い身体能力と演技力で会話劇から大型ミュージカルまで幅広く出演し、先日公開された『美女と野獣』のプレミアム吹き替え版ではルミエールの声を担当した成河。ヒロイン・アキラ役は、ドラマや映画に出演し、舞台出演は今回が2度目となるミムラ。そして、物語のキーとなる少年のような言動の不思議な青年・サム役は、バラエティ番組でのブレイクを果たし、舞台「パタリロ」では主役・パタリロ役を演じ、原作との高いシンクロ率で話題となった加藤諒が演じる。

また、2003年版でサム役を鬼気迫る迫力で演じた河原雅彦が、今回は演出を手掛ける。河原さんは、エンターテインメント性とカルトな世界観を両立させる独特な美学と高い演出力で、大劇場、小劇場、ストレートプレイ、ミュージカル、様々な作品を担当し高い評価を得、いま演劇界を牽引する演出家の一人。そんな彼が新しい「人間風車」を創りあげる。

成河さんは、「この作品の持ち味である、人間本来の持つ弱さと醜さ、矛盾と葛藤をきちんと表現出来るよう、全身全霊、役と自分と向き合っていきたいと思います」と意気込み。ミムラさんは「童話好きとして、その面白さと自由さ、そして時に怖さを感じておりましたので、これらをベースとした人間模様を演じるのが楽しみでなりません」と期待を語り、「“アキラ”として舞台を生き、皆様を物語の深淵へお連れできるようしっかり務めさせて頂きます」とコメント。そして、大きなプレッシャーと共にとてもワクワクしていると言う加藤さんは、「もがき苦しみながら、成河さん、ミムラさん、そして演出の河原雅彦さんに喰らい付いていけるように精一杯頑張らせて頂きます!!」と気合十分に語っている。

また、3人のほかにも矢崎広、松田凌、今野浩喜、菊池明明、川村紗也、山本圭祐、小松利昌、佐藤真弓、堀部圭亮、良知真次らも出演。東京会場のチケットは、7月15日(土)より一般発売が開始となる。

PARCO&CUBE 20th present「人間風車」は9月28日(木)~10月9日(月・祝)東京芸術劇場プレイハウスにて上演。※高知、福岡、大阪、長野ほかでも順次上演予定。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加