ケイティ・ペリー、英爆破テロ事件被害者に向けパフォーマンス

最新ニュース ゴシップ

ケイティ・ペリー-(C)Getty Images
ケイティ・ペリー-(C)Getty Images 全 4 枚 拡大写真
ケイティ・ペリーが25日(現地時間)のロンドン公演中に、英マンチェスターの爆破テロ事件被害者に捧げるパフォーマンスを行った。

会場となったロンドンの「ザ・ウォーター・ラッツ」のステージでケイティは、22日(現地時間)にマンチェスター・アリーナで行われたアリアナ・グランデのコンサート直後に起こった爆発の被害者、死者22名、負傷者59名に向けてメッセージを贈り、「ピース・オブ・ミー」のパフォーマンスを捧げた。

パフォーマンス前にケイティは「今週は本当に辛い。最悪。私たちはみんな音楽を愛しているから、みんなにとって本当に辛かったわよね。私も辛かった。みんなこの同じ曲を聴くのよ。そして、そのことを考え、友人のことを考え、姉妹のこと、いとこのこと、兄弟のことを考えるの」「最悪よ。何かあなたに手助けできることがあるのなら、するべき。そして、何もできないのであれば、それも大丈夫。でも、あなたがやるべきことは彼らに勝利の座を譲らないこと。次の曲を彼らのために歌うわ。こういうことを私たちから奪うことは絶対にできない。絶対」。

ケイティのほかにもマイリー・サイラスがテロ被害者に歌を捧げており、米版「ザ・ボイス」で「この曲を仲よしのアリアナ・グランデとあの酷い攻撃を受けた人々に捧げます。私の心はあなたとともにあります」と述べてパフォーマンスを行っていた。

(C) BANG Media International

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/