【今週末公開の注目作】『LOGAN/ローガン』『武曲 MUKOKU』ほか

最新ニュース スクープ

『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会 全 20 枚 拡大写真
『私の男』熊切和嘉監督最新作、綾野剛×村上虹郎の壮絶な死闘を繰り広げる“剣・アクション”から、1979年のカリフォルニアを舞台に、“20世紀の女性たち”とともに母親と息子の特別な夏を描いたマイク・ミルズ最新作など、シネマカフェ編集部が今週末公開の話題作をピックアップ!

『LOGAN/ローガン』

『LOGAN/ローガン』(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation
ミュータントがほぼ絶滅した荒廃した近未来。ローガンは、治癒能力を失いつつあった。そんなローガンに託された最後のミッションは、絶滅危機にあるミュータントの唯一の希望となるローラという謎めいた少女を守ること。強大な武装組織の襲撃を逃れ、車で荒野を旅する先には、想像を絶する運命が待ち受けていた…。

ヒュー・ジャックマンが17年に渡り、孤高のヒーロー・ウルヴァリンを演じ、そのフィナーレを飾る最新作。死身の超人ではなくなったローガンの壮絶な生き様、邪悪な敵に追われる少女との間に芽生える父娘のような絆、そして最後の死闘に身を投じる衝撃的な運命に目が離せない。

『LOGAN/ローガン』6月1日(木)より全国にて公開。



『武曲 MUKOKU』

『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
矢田部研吾は、幼いころから剣の達人だった父に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう1人の師匠である光村師範が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

闘うことでしか生きられない男たちの、激しい対決を描いた意欲作! 主演の綾野剛は、本作のために2か月の猛特訓を受け、見事に鍛え上げた肉体を作り出した。ライバルとなる村上虹郎と豪雨の中、泥にまみれながら剣を介して魂をぶつけ合うラストシーンは必見!

『武曲 MUKOKU』6月3日(土)より全国にて公開。



『20センチュリー・ウーマン』

『20センチュリー・ウーマン』 (C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシアは、思春期を迎える息子ジェイミーの教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビーと、近所に住む幼なじみで友だち以上恋人未満の関係、ジュリーに「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

『人生はビギナーズ』(’10)のマイク・ミルズの6年ぶりの新作となる本作。1979年のカリフォルニア・サンタバーバラを舞台に、アネット・ベニングを主演に迎え、ちょっと変わった母親と息子の不器用で暖かい関係を描いた。

6月3日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて公開。



《text:cinemacafe.net》

『今週末公開の作品』

『今週末公開の作品』

あなたが気になる作品は?

特集

この記事の写真

/