満島ひかり、『ラ・ラ・ランド』振付補とタッグ! 哀愁と情熱のダンスを披露

最新ニュース スクープ

満島ひかり
満島ひかり 全 4 枚 拡大写真
女優・満島ひかりや「乃木坂46」の齋藤飛鳥らがボーカルを務め話題を集めた大沢伸一のプロジェクト 「MONDO GROSSO」の新作アルバム「何度でも新しく生まれる」。6月7日(水)にリリースされる本アルバムにあわせ満島さんが歌う「ラビリンス」のミュージックビデオが公開。映像では満島さんが、香港を舞台に哀愁と情熱のダンスを披露していることが分かった。

プロデューサー、DJとして活躍する大沢伸一のソロプロジェクト「MONDO GROSSO」。「MONDO GROSSO」史上初となる “全編日本語ボーカルもの”となった14年ぶりの新作アルバムには、満島さんや齋藤さんほか、UA、やくしまるえつこなどが参加している。

今回、満島さんが歌う「ラビリンス」の舞台に選ばれたのは香港。古きと新しき、そして様々な文化が混沌と入り交じる、まさに “ラビリンス”な地に、満島さんが迷い込み、音楽を泳ぐ様に“ダンス”で表現している。振付、ダンスの監修には、2017年度アカデミー賞最多受賞作となった大ヒット映画『ラ・ラ・ランド』の振付補を務め、キャストとしても出演していた世界的ダンサー、ジリアン・メイヤーズ。海を超えたコラボレーションが実現した。

作曲した大沢さんは「『ラビリンス』のMV完成を見届けて、もはや自分の楽曲という感覚はほぼ無く、それは哀愁と混沌と情熱を兼ね備えた美しい映像とただ共存していた」とコメント。

時にエモーショナルに、様々な表情を見せながら踊る、“アーティスト” 満島さんのパフォーマンスに注目してみて。



MONDO GROSSO 6thアルバム「何度でも新しく生まれる」は6月7日(水)よりリリース(デジタルリリースは6月6日)。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加