実写のアナも親しみあふれるキャラに!チャーミング王子が絶賛「役に命を吹き込んだ」

海外ドラマ スクープ

「ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4」
「ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4」 全 4 枚 拡大写真
『アナと雪の女王』の姉妹アナとエルサが実写で登場することでも話題の「ワンス・アポン・ア・タイム」シーズン4。このたび、DVD Part2収録のボーナス映像の中から、アナ役を務めた女優エリザベス・ライルがアナの役作りについて明かす映像の一部が解禁となった。

呪いにかけられた現代の町ストーリーブルックを舞台に、“おとぎ話”と“現実世界”が交差する斬新なストーリー展開が話題の本作。白雪姫、ベル、シンデレラ、アリエル、フック船長など、誰もが知っているおとぎ話のキャラクターたちに新たな命が吹きこまれ、予想外の展開が話題を呼んでいる。

そして、待望のシーズン4では、日本でも社会現象を巻き起こした大ヒット作『アナと雪の女王』のアナとエルサがついに実写で登場。アナと愛し合う山男の青年クリストフ、エルサが生み出した雪の怪物マシュマロウ、アナを騙した隣国の王子ハンスなどお馴染みのキャラクターも登場するという。『アナと雪の女王』では姉妹の絆を確かめ合ったアナとエルサだが、果たして、その後の2人に何があったのか? 本作では、生き別れた妹アナの行方を捜すエルサが、なぜか時空を超えてストーリーブルックへと迷い込んでしまう。やがて明らかとなる姉妹の両親が失踪した理由、哀しくも呪われた家族の過去、そして彼女たちの運命を翻弄する邪悪な陰謀が明かされていく――。

今回解禁となった映像では、アナを演じたエリザベスが、大ヒット作ゆえに役作りに苦労したことを打ち明けている。本作におけるアナを模索し、番組クリエイターたちと話し合ったという彼女は、「彼女(アナ)の奇抜さや考え方は映画のままにしたかった」と、あくまでも『アナと雪の女王』で強く印象付けられたアナのイメージを大事にしていたことを明かす。また、その正義感の強さや真面目さゆえ、たびたび窮地に追い込まれるアナだが、そんな彼女のキャラクターを「決して愚かじゃない。おしゃべりだけど、賢くないわけじゃないの」と語っている。

一方、デヴィッドことチャーミング王子役のジョシュ・ダラスも、そんなアナを演じ切ったエリザベスを、「自然な演技で役に命を吹き込んだ」と手放しで絶賛する。『アナと雪の女王』では、絶体絶命の危機を持ち前の機転と賢さで切り抜け、どんなときも勇気と愛は忘れなかったアナ。本作での活躍も目が離せない!


なお、本シーズンには、アナとエルサだけでなく、『眠れる森の美女』の邪悪な妖精マレフィセント、『101匹わんちゃん』の悪女クルエラ、『リトル・マーメイド』の海の魔女アースラといった大人気の“ヴィランズ”が新たな敵として登場。さまざまなおとぎ話をモチーフにしつつ、善と悪、愛と憎しみ、家族の絆などの奥深いテーマが描かれる本作は、『アナ雪』ファン、ディズニーファンのみならず、大人も楽しめるファンタジー・ミステリーなのだ。

「ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4」はDVDレンタル中&コレクターズBOX Part1、2(各10,000円+税)発売中、全話デジタル配信中。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集