宮野真守&福山潤『怪盗グルー』に参戦!吹替キャスト発表

映画 洋画ニュース

いとうあさこ&山寺宏一&宮野真守&福山潤
いとうあさこ&山寺宏一&宮野真守&福山潤 全 6 枚 拡大写真
7月21日(金)より日本公開される、イルミネーション・エンターテインメントが贈る『怪盗グルー』シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』。この度、本作に登場する新たな敵の声を務める松山ケンイチに続き、いとうあさこ、山寺宏一、宮野真守、福山潤が日本語吹き替えキャストとして参加することが決定した。

バナナが大好きな黄色いやつら、ミニオンを筆頭に人気を集めた『怪盗グルー』シリーズ。最新作となる本作では、未だかつてない最強のライバル怪盗が登場。グルーも知らなかった、家族の秘密とは? そして、ミニオンたちはボスのグルーと決別し、新たな最強・最悪のボス探しの旅へ!? シリーズ史上最大のスケールで繰り広げられる、笑いと興奮と感動の物語が描かれる。

すでに本作の日本語吹き替えキャストには、『怪盗グルーの月泥棒 3D』からグルーの声を務めてきた笑福亭鶴瓶、アグネスの声を務めてきた芦田愛菜、『怪盗グルーのミニオン危機一発』でルーシーの声を務めた中島美嘉、そして新たな敵バルタザール・ブラット役を松山さんが担当することが決定しているが、このほど新たな日本語吹き替えキャストが発表。

ハリウッド映画の声優は初挑戦となるいとうさんが演じるのは、グルーとルーシーが所属する反悪党同盟の新たなリーダーとなる女性ヴァレリー。劇中では、バルタザール・ブラットを取り逃がしてしまったグルーとルーシーに、大声でクビを言い渡す冷徹で野心あふれる性格のキャラクターを熱演。また、本作で明らかになるグルーの双子の兄弟ドルーの執事フリッツ役を、“七色の声を持つ男”山寺さんが演じる。礼儀正しいフリッツは、ドルーの願いを叶えるために、劇中では命がけ(!?)でグルーの家を訪ね、2人の再会を実現させるという役どころ。

今回の出演に「私のような悪声をご指名いただき、興奮と喜びととまどいで軽くパニックになりました(笑)」と心境を明かすいとうさん。役については、「グルーの人生をゆさぶる役です。イイ女、できる女感を大事にしました(笑)」とコメント。本シリーズでは、『怪盗グルーの月泥棒 3D』のベクター役を始め、『怪盗グルーのミニオン危機一発』『ミニオンズ』にも出演している山寺さんは、「本当に魅力満載の『怪盗グルー』シリーズ! グルーを始めとする個性的なキャラクターたち、テンポの良さ、秀逸なギャグ、ホロッとさせる三姉妹、言わずもがなのミニオンズ! 新作ではグルーの双子の兄弟ドルーが登場するとのこと! 個人的にはグルーとドルーの掛け合いが楽しみで仕方ありません!」と魅力を語った。

また、松山さん演じるバルタザール・ブラットの相棒、ロボットのクライヴを演じるのは、『怪盗グルーのミニオン危機一発』を始め、『ペット』『SING/シング』とイルミネーション作品の常連とも言える宮野さん。さらに、街で開催される伝統的なお祭りでマーゴと恋に落ち、求婚するにまで至ってしまうピュアな少年ニコ役を、「コードギアス 反逆のルルーシュ」「xxxHOLiC」「暗殺教室」「おそ松さん」など様々な人気作に出演するも、イルミネーション作品へは初参加となる福山さんが演じる。

宮野さんは、「『怪盗グルー』シリーズの魅力は、やはり個性あふれるキャラクターたちだと思います。今回もドルーやバルタザールなど、一癖も二癖もあるキャラクターが登場し、僕も爆笑しながら収録させていただきました(笑)」と収録をふり返り、「おそらく、初めて“箱型ロボット”の声を担当したのではないでしょうか(笑)。どんな仕上がりになっているか、どうぞ、お楽しみに!」とコメント。福山さんは、「長く愛されるこのシリーズに参加させていただきましてとても光栄です。私が演じましたニコは、見た目は太ましく個性的で大変ユニークかつ愛らしい人物です。今作を楽しみにして下さっています皆様にも楽しんでいただけますと幸いです」と役どころをアピールした。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』は7月21日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加