池尻大橋「ザ ワーカーズ コーヒー」でダイアナ妃も愛したカップケーキを

最新ニュース ルトロン

池尻大橋「ザ ワーカーズ コーヒー」でダイアナ妃も愛したカップケーキを
池尻大橋「ザ ワーカーズ コーヒー」でダイアナ妃も愛したカップケーキを 全 1 枚 拡大写真

「The Workers coffee (ザ ワーカーズ コーヒー)」のコーヒーはLittle Nap COFFEE STAND、スイーツはNotting Hill Cakes & Giftsなど本格ブランドを味わえます。

Notting Hill Cakes & Giftsのスイーツたち

目黒川沿いに建つレストラン、コーヒーバー、ケータリングキッチン、イベントスペース、シェアオフィスから成るコミュニケーションプレイス「THE WORKS」は、かつて百貨店の商品倉庫やアパレルのプレスルームなどで使用されていた、築45年の元倉庫兼事務所。古びた倉庫の雰囲気を活かしつつ、NYのリノベーションホテルを彷彿とさせる統一感のある空間になっています。

ファッションブランドのパーティを中心としたケータリングを年間400件手がけるTRANSIT CREWがプロデュース・運営するコーヒースタンド「The Workers coffee / bar」では、「Little Nap COFFEE STAND」によってブレンドされたコーヒーを朝8:00から楽しめ、あの故ダイアナ妃も愛したカップケーキ専門店「Notting Hill Cakes & Gifts」のマフィン(Lサイズ¥350~)やロールケーキ(¥390)なども味わうことができます。

毎日飲めるLittle Nap COFFEE STANDのコーヒーが4種類

こだわりのコーヒーは4種のシングルオリジンからセレクト。豊かなコク・まろやかな口当たり・フルーツのような酸味と甘み・フローラルでワイルドと、コーヒーラバーたちのどんな好みにも対応できるので、コーヒーを毎日飲みにくる常連客も多数。

パティのかわりにベーコンとフライドエッグ、シャキッとしたレタスをたっぷりはさんだ、ヘルシーだけどボリュームいっぱいのバーガーサンド(¥500)もおすすめ。朝からお肉はヘビーでも、ライトなバーガーサンドなら、がぶっと食べて笑顔になれます。自家製ソースの味付けは、一度食べたらやみつきに!

営業時間も朝8時から23時までと長く、太陽の光が射し込む爽やかさと、ムードある落ち着いた雰囲気、どちらも楽しめるのも「The Workers coffee / bar」魅力のひとつです。アーティストやクリエイター、界隈のサラリーマンと、さまざまな人々が集うコミュニケーションスペースに、ぜひ足を運んでみて!

取材・文/中島和美

スポット情報

スポット名
The Workers coffee / bar
住所
東京都目黒区青葉台3-18-3 THE WORKS 1F
電話番号
03-6416-4646

キャスト

出演:半沢 亜里沙

《編集部@ルトロン》

この記事の写真

/

特集

友だち追加