高杉真宙、実話から生まれた青春群像劇に主演!小学生以来の「熱い夏を生きたい」

映画 邦画ニュース

高杉真宙
高杉真宙 全 2 枚 拡大写真
『トリガール!』『散歩する侵略者』など、今年から来年にかけて公開待機中の作品が10本を超える高杉真宙が、誉田哲也による青春群像小説の実写化『世界でいちばん長い写真』に挑むことになった。

目標もなく、冴えない毎日を送っている主人公・宏伸。ある日、祖父のリサイクルショップでみつけた風変わりなカメラ。それは、世界一長いパノラマ写真が撮れる特別なカメラだった!? その日を境に、宏伸のモノクロだった人生は、だんだんと鮮やかな色に変わっていく――。

原作は、愛知県の高校で実際にあった出来事を基に、個性豊かな登場人物たちが巻き起こす笑いと涙の物語を描く誉田哲也による青春群像劇。先に映画化され、ヒットを飛ばした『武士道シックスティーン』(’10)、『ストロベリーナイト』(’13)に続き、映像化を待つ原作者ファンの中でも話題になること必至。

主演の宏伸には、人気、実力ともに若手トップクラスである高杉さん。また、宏伸の従姉役には、『ハイキック・ガール!』「ワカコ酒」など映画・ドラマで活躍中の武田梨奈が決定。これから、注目の旬な役者陣が発表されていく予定という。

また、監督は昨年『にがくてあまい』で高い評価を得た新進の草野翔吾が、脚本も手掛けている。今夏より原作の舞台である愛知県知多半島エリアでロケを敢行。横幅145mにも渡るパノラマ写真が完成する圧巻のクライマックスは、爽快な青春物語を彩るはずだ。

「台本を読んで、本当に爽やかな青春物語だと思いました」と高杉さん。「僕が演じる宏伸は、はじめは自分に自信がなく、そのせいでいろいろなことに挑戦できず、言いたいことも言えないキャラクターです。学生のときのどうしようもない劣等感、思うようにうまくいかない感じも含めて、青春だなと思います」と、キャラクターに寄り添っている。

「僕も祖父から受けた影響がすごくたくさんあります」と語り、「最近は祖父から革ジャンをもらい、それがすごくお気に入りになって、冬の間ずっとそれを着ていたり。写真部の宏伸ですが、僕も撮られることの多い仕事なので、自然と写真に興味が湧くようになり、専門的なことは全然わからないのですが、記念として撮ることは好きで、地方に行くときなどはカメラを持って行きます。宏伸のような役は久しぶりなんですが、親近感を感じるところです」と明かす。

ロケ先の知多半島については、「台本に詰まってる青春がそのまま出て来たんじゃないかと思うくらい素敵な風景が溢れているところだなと思いました。特にひまわり畑が楽しみですね」と高杉さん。「僕にとって夏が一番熱かったのは小学生のころ。最近は、昔に比べてすごくインドアになっていたので、この夏は小学生ぶりに『世界でいちばん長い写真』で熱い夏を実感できるんじゃないかと楽しみにしてます。宏伸とともに熱い夏を生きたいと思います!」と意気込み十分。

また、原作者の誉田氏は「山本新一さん(本作のモデル、故人)が撮影された、本物の“世界一長い写真”を見たとき、なぜでしょう、自然と涙が溢れてきました。小説に写真そのものは載せられませんが、私は、自分が涙した意味を突き詰めていけば、この写真の素晴らしさは小説に写し取れる、きっといい小説になると確信しました」とコメント。「それが、今度は映画です。写真そのものを映像で観せられるわけですから、感動するに決まってます。面白いに決まってます。できることならこの映画、山本さんと一緒に観たかったな」と語り、思いを馳せた。

『世界でいちばん長い写真』は2018年初夏、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集