【予告編】『猿の惑星』は“聖戦”へ! A・サーキス「シーザーはどこまでも自分を追い込む」

映画 洋画ニュース

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation 全 8 枚 拡大写真
前作から2年。高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描き、大反響を呼んだ『猿の惑星』シリーズの最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の公開日が、10月13日(金)に決定。待望の予告編も到着した。

『創世記(ジェネシス)』『新世紀(ライジング)』に続き、『聖戦記(グレート・ウォー)』と命名された本作。ついに、地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりがクライマックスを迎える。カリスマ的な主人公のシーザー(演:アンディ・サーキス)が、リーダーとしての使命感と、家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核にした映像世界には、観る者の胸を締めつけるエモーションが息づく。

このたび到着した映像で、特に注目すべきは、先日のポスターでも明らかになった謎めいた少女ノバ(アミア・ミラー)、そして人類側の兵士のリーダー格と思われるJ.ウェズリー・マッカロー大佐(ウディ・ハレルソン)という2人の人間。ノバが猿たちと心を通わせているように見て取れる一方、大佐に対してシーザーは「戦う覚悟はできている」と決意の表情を向けている。少女ノバと猿たちの関係は? 猿と人間の戦いだけでないドラマも予感させる。また、シーザーたちのコミュニティも激しく攻撃を受けており、まさに聖戦の始まりを予感させている。


前作に引き続き、メガホンをとるマット・リーヴス監督は「シーザーは、人間と猿の両方でレジェンドとなり、謎の存在となっている。大佐はシーザーを見つけ、その影響力を奪いさえすれば、猿社会は倒れ、人間が力を取り戻すチャンスを手にできるようになると考えている」と、攻撃を仕掛ける大佐の心境を明かす。

さらに、シリーズを通してシーザーを演じ続けるアンディ・サーキスは、「本作でシーザーは前2作よりもずっと深くて痛ましい感情的な極まりを見せる。彼がどこまでも自分を追い込む姿を見て驚いた」と懐述する。

愛する者を失ったシーザーと、彼の抹殺をもくろむ人類。怒りと葛藤が極限まで辿りついたとき、猿と人類の“人間性”をかけた“聖戦(グレート・ウォー)”が幕を開ける。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は10月13日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集