名優キム・ユンソク×注目の若手ピョン・ヨハン共演『あなた、そこにいてくれますか』公開決定

韓流・華流 スクープ

『あなた、そこにいてくれますか』(C) 2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
『あなた、そこにいてくれますか』(C) 2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. 全 1 枚 拡大写真
『チェイサー』『海にかかる霧』など数々のヒット作に主演し、日本でも人気の高い実力派俳優キム・ユンソクと、社会現象ドラマ「ミセン -未生-」で一躍脚光を浴びたイケメン俳優ピョン・ヨハンが、過去と現在の主人公を2人1役で演じた『Will You Be There?』(英題)が『あなた、そこにいてくれますか』として、10月、日本公開されることが決定。日本オリジナルのポスタービジュアルが、シネマカフェに到着した。

医療ボランティアでカンボジアを訪れた医師のハン・スヒョンは、赤ん坊の手術をしたお礼に、願いを叶えるという10錠の薬を受け取る。彼の願い…それは、30年前に亡くなった当時の恋人ヨナに、もう一度だけ会いたいということだった。半信半疑で薬を飲むと、1985年にタイムスリップ、そこで過去の自分と出会う。ヨナの身に起きた事実を知った若きハン・スヒョンは、彼女を助けたいと願うが、彼女との未来を選んでしまうと、彼女の死から10年後に生まれた娘の存在を消してしまうことになる。2015年と1985年、時を超えて出会った2人のスヒョンが選んだ答えとは――。

日本でも大ヒットしたナ・ホンジン監督の『チェイサー』、さらに『哀しき獣』、近年では『10人の泥棒たち』『海にかかる霧』『プリースト 悪魔を葬る者』など、数々のヒット作に主演する韓国映画界を代表する実力派キム・ユンソクと、日本でリメイクもされた大ヒットドラマ「ミセン -未生-」の若手俳優ピョン・ヨハンが共演し、過去と現在の主人公を演じた本作。

2016年12月に韓国で公開されると、公開1週目の観客動員数が『ラ・ラ・ランド』を上回り、韓国の恋愛映画動員歴代1位の記録を持ち、日本でもヒットした『建築学概論』を超える口コミ指数の高さで注目を集めた。

原作は、フランスの人気作家ギヨーム・ミュッソのベストセラー小説「時空を超えて」。過去に戻れる不思議な薬を手にした主人公スヒョンが、ある事情で30年前に亡くなった当時の恋人ヨナに、もう一度だけ会いたい、という切なる願いから、30年前の自分と対峙することになる。

今回解禁となった日本オリジナルのポスターでは、現在のスヒョン(キム・ユンソク)と30年前のスヒョン(ピョン・ヨハン)が、時代を感じさせる公衆電話を挟んで海辺にたたずんでいる。その公衆電話には、かつての恋人ヨナ(チェ・ソジン)が受話器を持っている姿が…。“愛する人が存在する未来”を願う2人のスヒョンの表情が、まさに本作の切なさを物語っている。

“人生のタイムラインに刻まれたいくつもの選択肢。もし過去に戻ることができるなら、あなたはどんな未来を選びますか?”という問いかけには、思わず自身も過去に思いを馳せてしまうかも…。これまでの人生で“忘れられない人”がいるすべての人に贈る、珠玉のラブストーリーが日本に上陸する。

『あなた、そこにいてくれますか』は10月14日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/