【予告編】山崎賢人、“クレイジー・ダイヤモンド”発動! 岡田将生のスタンドも『ジョジョの奇妙な冒険』

映画 邦画ニュース

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 全 10 枚 拡大写真
シリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦の人気コミックを原作に、主人公“ジョジョ”こと東方仗助役を山崎賢人が演じる『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。先日、特殊能力“スタンド”が明かされる予告編が公開されたが、この度、新たなスタンド映像とともに、仗助の前に立ちはだかる敵たちの姿が収められた第3弾予告編が到着した。

<スタンド>と呼ばれる特殊能力を持つ高校生・仗助(山崎賢人)。彼の住む杜王町では、最近、変死事件が続発していた。仗助は偶然、同じくスタンド使いであり、一連の事件に関わる凶悪犯アンジェロの犯行を邪魔してしまったことから、次の標的にされてしまう。家族と町を守るため、アンジェロと戦うことを決意した仗助。彼のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものをなおすことができる「クレイジー・ダイヤモンド」。そんな最も優しい力を持つ仗助は、彼に危険を知らせに来た承太郎と共に、最凶の力を使うアンジェロに立ち向かう。果たして、仗助と町の運命は――?

本作は、生誕から30年を迎える人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」を原作に、原作コミックの中でも高い人気を誇る第4部「ダイヤモンドは砕けない」を実写化。キャストには仗助役の山崎さんのほか、仗助の同級生・広瀬康一役の神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役の小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生。そのほか新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介と、若手俳優から実力派ベテラン俳優まで豪華俳優陣が顔を揃えている。

そんな本作で、物語に欠かせない存在である特殊能力スタンド。主人公である仗助のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものをなおすことができる“最も優しいスタンド”「クレイジー・ダイヤモンド」。到着した予告編では、新たにその能力の一端、“破壊されたものを修復するシーン”が解禁。

また、仗助が住む杜王町で次々と起こる奇妙な事件の裏では、アンジェロだけでなく、スタンド使いを生み出す不思議な弓矢を持っている、岡田さん演じる虹村形兆、新田さん演じる形兆の弟・虹村億泰といった凶悪なスタンド使いが手を引いていることが明らかに。「運命に逆らうつもりはない」と神妙に語る形兆と、億泰が流す涙の訳とは…? さらに、形兆のスタンド「バッド・カンパニー」のシーンも登場。この「バッド・カンパニー」に描かれている迷彩柄は、原作者・荒木氏が本作のために描きおろしたビジュアルとなっている。



『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』

好きなキャラクターは?

この記事の写真

/

特集

友だち追加