トム・ホランド主演『スパイダーマン』、全米&世界各国で初登場No.1の大熱狂

映画 洋画ニュース

『スパイダーマン:ホームカミング』 (C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.
『スパイダーマン:ホームカミング』 (C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved. 全 9 枚 拡大写真
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、ロバート・ダウニー・Jr.演じるアイアンマンと共演を果たすことでも話題のトム・ホランド主演『スパイダーマン:ホームカミング』。先週末7月7日(金)に全米4,348館で公開され、興行収入1億1,702万ドル(約133.5億円、1ドル=114.1円換算、7月10日現在)という予想を超えた数字で初登場No.1に輝いたことが分かった。

ニューヨーク。スパイダーマンこと15歳のピーター・パーカーは、昼間は普通の高校生として自分の正体や気になる女子への淡い恋心を隠しつつ、スクールライフをエンジョイ中。しかし、放課後は憧れのトニー・スターク/アイアンマンにもらった特製スーツに身を包み、部活のノリで“ご近所パトロール”の日々。そんなピーターの目標は、アベンジャーズの仲間入りをし、1人前の“ヒーロー”として認められること。ある日、大富豪のスタークに恨みを抱く敵・バルチャーが巨大な翼を装着し、ニューヨークの街を危機に陥れる。ピーターはここぞとばかりに乗り出そうとするが、「アベンジャーズに任せておけ」とスタークに止められてしまう。自分の力を認めてもらおうと焦るピーターは、たった1人、戦いに挑むが…。

本作は、全米公開に先駆けて行われた最初の公式なマスコミ向け試写での評判がすこぶる高く、本格的なレビュー(批評)解禁前に、鑑賞したマスコミの熱狂と評判の高さがSNSを通じて瞬く間に世界中に届けられるなど、公開前から驚異的な盛り上がりを見せていた。満を持して公開された後は、映画批評サイト「ロッテントマト」では93%(7月10日現在)というハイスコア。観客の出口調査シネマスコアは「A」と、観客も批評家も絶賛を贈っている。

また、全米以外の50の国と地域でも、初登場No.1オープニングを達成。海外累計興行収入が1億4,000万ドル(約159.7億円)となり、スパイダーマン映画としては歴代最高の海外オープニング成績となった。特に韓国では、5日間で2,580万ドル(約29.4億円)を稼ぎ出して初登場1位となり、洋画歴代3位のオープニング成績という快挙に。主演トム・ホランドの母国イギリスでは1,180万ドル(約13.5億)、メキシコでは1,200万ドル(約13.7億円)、ブラジルでは910万ドル(約10.4億円)、ロシアでは780万ドル(約8.9億円)でいずれも初登場1位を獲得。全世界の累計興行収入は早くも2億5,702万ドル(約293.3億円)と、まさに新スパイダーマンに全世界が熱狂する形となっている。

今後、フランス、ドイツ、スペイン、中国、そして日本での公開が控えており、スパイダーマン史上最高の盛り上がりが期待できそうだ。

『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日(金・祝)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加