新垣結衣&戸田恵梨香&比嘉愛未、口をそろえて肉体的衰えをボヤキ

最新ニュース レポート

「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」制作会見
「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」制作会見 全 7 枚 拡大写真
フジテレビ系月9ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」の制作会見が11日(火)東京ヘリポートで行われ、主演の山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみか、安藤政信、椎名桔平が出席した。

ドクターヘリに乗る若きフライトドクターたちの活躍を描く、人気連続ドラマシリーズの第3弾。セカンドシーズンから約7年、新垣さん、戸田さん、比嘉さんらオリジナルレギュラー女性キャストの口から、次々と“とある変化”が明かされた。

前作との変化を聞かれた新垣さんが「変わったのは体力的なところ。20代前半と後半では違う。色々なものが曲がり角と感じる」と加齢による肉体的衰えに苦笑すると、戸田さんも「変わったのは体。節々が痛くて、関節が痛い。走ると痛みと戦うことになる。腰、首…体力つけます!」と同調。2人の体力面のぼやきに年長の比嘉さんは「病院に行こうか!?」とツッコむものの「私も体力的なことが変わった。ナースとして重い荷物を抱えて走るのがつらすぎるので、撮影が始まる前から体力をつけるべく、キックボクシングに週一で通っています。効果はいまのところ出ていないけれど」と同じ悩みで笑わせた。

そんな中、主演の山下さんは「メンバーに対する安心感、信頼感は前作と変わりません。さらに増したような気がします。絶対的な安心感がある」と“コード・ブルー”チームへの揺るがぬ絆を明かしながら「みんなに余裕が出て来た気がする。撮影は過酷だけれどスムーズに進んでいるのは気持ち的に余裕があるから。空き時間もリラックスして喋れているのは昔よりも増している雰囲気がある」と成長を実感しているようだった。

「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」は、7月17日(月・祝)21時よりフジテレビ系にて放送。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/