コクうま”抹茶”グラノーラは必食!京都初 グラノーラ専門店

最新ニュース ルトロン

コクうま”抹茶”グラノーラは必食!京都初 グラノーラ専門店
コクうま”抹茶”グラノーラは必食!京都初 グラノーラ専門店 全 1 枚 拡大写真

京都駅から徒歩2分、下京区の京都タワー内1階にある「Cocolo Kitchen KYOTO」。様々な種類のホームメイドグラノーラを揃えた、京都初のグラノーラ専門店です。ここでしか出会えない、京都ならではの発想がつまったグラノーラをご紹介します。

こだわりぬかれたヘルシー食品で身体の中からキレイに

ココロキッチン京都のグラノーラは、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。
毎日の朝ごはんとして、また、料理のアクセントやおやつとして食べることで身体の内側から美しく、健康になることができるオーガニック食品です。
京都ならではの素材をふんだんに使っているので、地元の人はもちろん、京都観光のおみやげとしても利用されています。こだわりがたっぷりとつまったグラノーラで、身体の中から自分磨きを目指しましょう。

京都といえばこれ! 抹茶のコクがたまらないグラノーラ

最高級の宇治有機抹茶を贅沢にブレンドした「Matcha」(650円)は、抹茶の爽やかな苦みと、豆乳やはちみつを合わせた、コクのあるグラノーラです。
定番の牛乳や、豆乳をかけて食べることで、抹茶の風味が口いっぱいに広がります。抹茶の甘味と苦みがアイスとの相性も抜群なので、スイーツとして味わうのもおすすめです。

料理にも使える無添加の白味噌を使った和風グラノーラ

京料理によく使われる西京味噌を使用した「Kyoto Yuzu Miso」(650円)。
白味噌の他に、三河みりんがしっかりと染み込んだオートミール、ゆずピール、白ごま、クルミ、ドライマンゴーもブレンドされています。
そのため、豆乳で食べる方法のほかにも、おひたしやサラダのトッピングとして使うことで、白味噌の持ち味を最大限に引き出すことができます。オリジナルのレシピを考えてみるのも楽しみな一品です。

ピリっとする原了郭の黒七味の刺激で食欲が進む!

有名な「祇園 原了郭」の黒七味を使用したグラノーラ「Kuro-Shichimi 」(650円)が味わえるのもここ、ココロキッチン京都だけです。
小麦フリー、グルテンフリーの貴重なオーガニック有機たまりしょうゆを使用しており、小麦とグルテンのアレルギーを持つ人でも安心して食べることができるのも嬉しいポイントです。
“薬味として使えるグラノーラ”となっており、豆腐やたまごかけごはんにかけて食べるのがお店のイチオシになっています。世界にたった1つしかないオリジナルの味なので、京都のお土産として最適です。

食物繊維がたっぷり摂れて、美腸になれるとして大人気のグラノーラ。ココロキッチン京都の、京都ならではのこだわりがたくさんつまったオーガニックグラノーラで、ココロも身体も共にキレイになりましょう!

スポット情報

スポット名
Cocolo Kitchen KYOTO
住所
京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1 (京都タワービル内1F)
電話番号
075-708-3616

《編集部@ルトロン》

この記事の写真

/

特集